Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/99-d6a7bee8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

狼の紋章で、自分語りを始めるのは野暮だと思いました

【「狼の紋章」松本正志監督 1973】を観たんです。
で、いくらおにぎりブログに書こうと思って、メモも取って準備万端だったんですが、止めちゃいました。(最近、このパターン多いな)


映画の概略はこんな感じです。

犬神明(志垣太郎)が、非情学園ワルみたいな高校に転校してくる。

当然、不良に目をつけられいたぶられまくり。でも、犬神明は狼男なので、いくらボコボコにされてもOKさ。

そんな中、目をかけてくれていた女教師が、不良のボス(松田優作)に拉致された上にレイプされてしまう。

これは、俺への挑戦だ。ということで、パワーの出ない新月の時期にも関わらず、犬神明は敵のアジトに乗り込んで、不良ボスと相打ちに。

まあ筋立ては鉄板というか王道なので、文句はありません。それに、この映画は松田優作のスクリーンデビュー作だったり、その松田優作が白い褌をしてたりと、ツッコミポイントも多数あります。多分、各所にツッコミを入れているだけで、スラスラっと文章が書けてしまいそうです。でも、何かが違うんだよなあ。うーむ。

ということで、考えてみたら分かりました。この映画、ツッコミポイントがありすぎるんです。もしくは、ツッコミポイントが明白すぎると言った方がいいかもしれません。だから、何と言うか「発見」の楽しみがないんですよね。

ここで、いきなりバイクの話になりますが、僕はバイクが大好きです。別にツーリングで箱根あたりをかっ飛ばさなくても、近所の小道をくるくる走っているだけでも楽しくてしかたないです。ただし、運転はヘタ。20年以上も乗っているのに、いまだに近所の曲がり角ひとつ取っても、完璧なコーナリングというのができません。同じ道を、同じバイクで同じ速度で曲がっても、昨日と違う。昨日よりうまく曲がれたなと思った次の日には、うーむ、今日はうまく曲がれなかった、になっちゃいます。だけど、それが面白いんですよね。常に、どうやったらいいんだろうと考えながら、進歩と退歩を繰り返すのが。

文章を書くのも同じです。小学生の時、夏休みの宿題で出た作文が書けなくて、真剣に「死にたい」と思ったくらいですから、今でも文章を書こうとすると緊張します。だけど、こうしてブログを始めて、まさに四苦八苦していると、「おっ、今日は少しうまく書けたかもしれない」という日があったりします。でも、またすぐに「なんでうまく書けないんだろう」とヘコみます。だけど、それがいいんでしょう。もし「必勝パターン」なんてのがあったら、それは作業以外のなにものでもありませんから。

まとめます。この映画は、あまりにオイシイ素材です。何も考えずに、ただ観たままを書いたとしても、映画自体のオイシサでどうにかなりそうです。だけど、自分としては、そこがイヤだった。それは違うと思ったのです。

はっ! なんで、いきなり「自分語り」を始めてるんだオレ。どうも、今週のあたまに引いた風邪が抜けてないみたいですね。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/99-d6a7bee8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。