Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/78-a88cce08

トラックバック

コメント

[C75]

押井守「イノセンス」の中華文化圏内的意匠の看板が氾濫する世界も架空のものではなくなってきたのかもしれませんね。

[C76] Re: タイトルなし

中国の現政権が崩壊したりしたら、それもあるかもしれませんね。でも、日本がずるずると衰退していった場合は、中国からの進出はないかも。つまり、看板以前に、どこもかしこもシャッター通りみたいな。

ベルサーチ(イタリア)が、中国にはどんどん新規出店をしている中、日本から撤退したように、外国にとってビジネス的に、まったく魅力のない国「日本」になってしまう可能性もあると思います。

  • 2010-01-14 14:25
  • いくらおにぎり
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

日本オワタ?

えーと、日本オワタ、で終わったんですよね。確かに、個々人や企業によっては「勝ち組」もいるかもしれませんが、日本トータルで見れば、沈んでいくのは間違いなさそうです。もちろん、そのスピードが速いか遅いかはあるでしょうが、明治以来のパワーを日本が失ってしまったのは認めざるをえません。

でも、この「遅かれ早かれ」というのが重要なのも事実。明日沈むのと、40年後に沈むのでは、歴史的に見たら誤差の範疇でしょうが、我われに取ってはエライ違いですから。

もちろん、そこでアメリカから距離をとって、中国に接近する。中国さまの成長力を「ほんの少し」でも分けてもらいつつ、どうにか今後の40年をしのいでいくというのも、ひとつの考え方です。振り返れば、ここ110年ほどは、日本に遅れを取っているものの、中国は日本の先生であり、ご近所の超大国だったんですからね。別に、その下に入ったからといって、何を恥じる必要があるでしょうか。

やっぱり、外交的に中国への配慮をにじませる民主党の政策は正しかったみたいです。民主党バンザイ。小沢総統バンザイ。

って、ちょっと待てよ。この際、民主党うんぬんは置いておいて、中国はこのまま発展しつづけるんでしょうか。はたから見ても、中国共産党は奇跡としか思えない手腕で、「一党独裁」と「経済発展」を両立しています。民主党はもちろん、自民党だったら1年も持たないだろう難しい政治を、まさに絶妙の舵取りで運営しつづけています。

しかし、それは本当に続くんでしょうか。いえ、ここで個別具体的に、ウィグルがどうとか、地方と都市の経済格差がどうのとは言いません。ただ、歴史的に見たとき、

中国が、現在の体制のまま、未来永劫に続く

ことが、絶対にありえないことだけは分かります。問題は、それがいつで、どの程度の混乱が起こるのか、ということでしょう。

国際政治の世界は天知茂なみに非情ですから、日本も「その時」を考慮に入れておく必要はあると思います。「その時」を狙って下克上をはかるのもよし。そうでないとしても、あくまで中国共産党に肩入れをするのか、もしくは別の新勢力を支援するのか、それによって天国と地獄なみの違いが出てくることは想定しておくべきでしょう。

ってことは、目指すべきはイギリスが持っていた恐るべき外交力。そして、それを支える有能な外交官でしょうか。

ということで、とりあえず「毛並み」じゃなくて、本当に優秀な人を外交官に採用することが第一点。そして、そういった人を徹底的に鍛え上げて、きたるべき日に備えさせる。まあ、これくらいしか、思いつきません。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/78-a88cce08

トラックバック

コメント

[C75]

押井守「イノセンス」の中華文化圏内的意匠の看板が氾濫する世界も架空のものではなくなってきたのかもしれませんね。

[C76] Re: タイトルなし

中国の現政権が崩壊したりしたら、それもあるかもしれませんね。でも、日本がずるずると衰退していった場合は、中国からの進出はないかも。つまり、看板以前に、どこもかしこもシャッター通りみたいな。

ベルサーチ(イタリア)が、中国にはどんどん新規出店をしている中、日本から撤退したように、外国にとってビジネス的に、まったく魅力のない国「日本」になってしまう可能性もあると思います。

  • 2010-01-14 14:25
  • いくらおにぎり
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。