Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/53-5ed073cb

トラックバック

コメント

[C55] 政権交代の真の価値

>「(目指すべき)方向性だ。即(原発が)ないということにはならない。段階がある」と述べ』たそうで、ここらへんに社民党の苦しい胸のうちが見えてくるようです。

政権交代の良い点は、本当の意味での「実力」が試される事でしょうね。成果を上げられなければ、次の選挙は投票をしないでしょうし、成果を上げられれば、次は投票をすれば、良い訳だし、その意味でも、鳩山政権がどっちに転がろうが、われわれにとって好ましいと思います。
  • 2009-09-17 19:37
  • 名無しのごんべい
  • URL
  • 編集

[C57]

いくらおにぎりさん、こんばんは。

>緑ナンバーの車だけ無料
この意見は、私も全く同感です。
高速道路料金を暫定的に引き下げる事は賛成ですが、いきなり全ての車種を無料にするというのは,現在の日本の交通事情からも,二酸化炭素の増加する点からも,あまりにも乱暴な政策ではないかと思います。

まずは、営業で使う=仕事で使うなど本当に必要な車種から無料化するというのが筋でしょう。
大型トラックが高速運賃を節約するために一般国道を走る事で、国道付近の住民は騒音被害に悩まされたり,交通事故の影響をもろに受けたりしていますから。
かく言う私が住む場所の国道も大型トラックの騒音被害はひどいものです。また、大型が一回事故を起こせばカルク2時間前後全面通行止めです。

いわゆるレジャーで使用する時は、たとえ1000円にしろ、それなりの対価を払うのが当然だと思います。こちらは、あくまで遊びなのですから。
  • 2009-09-17 20:52
  • タラン
  • URL
  • 編集

[C58] Re: 政権交代の真の価値

名無しのごんべいさん、こんにちは

>鳩山政権がどっちに転がろうが、われわれにとって好ましいと思います。

ぼくもそう思います。結果がすべてですよね。ただ、問題点があるとすれば、悪い方に転がったときに、今の日本が、それを許容できるだけの力があるかどうかだと思います。

現金を十万円もっているときに、競馬で一万円をするのは、「痛い」けど致命傷ではない。でも、一万円しか持っていない時に、一万円をすったら……。帰りの電車賃もなくなってしまいますね。

そこが、とても心配です。
  • 2009-09-18 14:10
  • いくらおにぎり
  • URL
  • 編集

[C60] Re: タイトルなし

タランさん、ども。

ご賛同いただいて、うれしいです。タランさんのコメントにすべて言い表されているので、僕としては追加すべき言葉は何もないです。そうそう、それが言いたかったんですよ。
  • 2009-09-18 14:34
  • いくらおにぎり
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

なんかおかしい

社民党の福島さんが、原子力安全・保安院に関して、経産省の下部組織としてあるのはいかがなものかと、発言されたそうです。(ソースは毎日新聞)

「耐震性や安全性の確保は誰もが賛成のはず。経産省と保安院の関係を党として提案していきたい。脱原発政策は変えない」

えーと、前段部分は非常に納得できるお話です。推進と規制を同一部署でやるっていうのは、どうしてもムリがあるというか、規制に関して「甘く」なりがちですもんね。でも、「脱原発政策は変えない」っていう部分はどうなのかと。

社民党のホームページには「地球温暖化対策を推進(脱化石燃料)・徹底します」
とかありますが、化石燃料を使わず、原発もイヤだと言うのなら、どこからエネルギーを引っ張ってくるんでしょう。

時事通信によると、社民党の阿部知子政審会長がテレ朝の番組で、『「脱原発」政策について「(目指すべき)方向性だ。即(原発が)ないということにはならない。段階がある」と述べ』たそうで、ここらへんに社民党の苦しい胸のうちが見えてくるようです。

つまり連立与党になるまでは、とりあえず「脱原発」と無責任に言っていたけど、与党の一部になってしまうと、なかなか理想論ばかりではムリがでてきた。なので、一方では現実論を解き、他方では支持者向けに、脱原発のアドバルーンをあげておく、みたいな。

でも、これって何も語っていないのと同じなんですよね。よっぽどの原子力フェチでもないかぎり、原発大好きって人はいないと思うんです。もし、水力や風力、それに波力などで、エネルギーが「有り余るほど」「安く」生産できるなら、なにも原発を建てる必要はない。代替エネルギー源が開発・改良されていけば、社民党が言わずとも、自然に原発は減っていくでしょう。

で、政治の役目は、無駄金・無駄組織が生まれないように注意深く監視しながら、その新エネルギーの開発に資金をつぎ込む。それしかないと思うんですが。

はい、ここで社民党の政策をホームページから見てみると、

1産業界に温室効果ガス排出量の削減を義務づけ
2環境税(炭素税)の導入
3環境保全を中心とした生活・文化体系に
4交通体系の見直し、自動車の排出ガス規制の強化
5自動車関係諸税の見直し

なんていうか、独創性のかけらもないんですけど。まず1,2,4については民間に苦労をまわす「つけまわし」以外の何物でもない感じです。3については、生活だの文化にまで口を出す権利がどこにあるんだと。っていうか、ゴミの分別だのなんだの、国民はかなりマジメに取り組んでいると思うんですけどね。4。えーと、これは問題。高速無料化なんて言っている与党政権に入っておいて、どの口がそれを言うか。

ともあれ、何が言いたいかというと、

高速無料化とか、どう考えても温暖化対策に逆行するような、寝ぼけたことをやめて、緑ナンバーの車だけ無料にして、物流コストを下げてください

それと、

早く富士山ろくに光子力研究所を作ってください



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/53-5ed073cb

トラックバック

コメント

[C55] 政権交代の真の価値

>「(目指すべき)方向性だ。即(原発が)ないということにはならない。段階がある」と述べ』たそうで、ここらへんに社民党の苦しい胸のうちが見えてくるようです。

政権交代の良い点は、本当の意味での「実力」が試される事でしょうね。成果を上げられなければ、次の選挙は投票をしないでしょうし、成果を上げられれば、次は投票をすれば、良い訳だし、その意味でも、鳩山政権がどっちに転がろうが、われわれにとって好ましいと思います。
  • 2009-09-17 19:37
  • 名無しのごんべい
  • URL
  • 編集

[C57]

いくらおにぎりさん、こんばんは。

>緑ナンバーの車だけ無料
この意見は、私も全く同感です。
高速道路料金を暫定的に引き下げる事は賛成ですが、いきなり全ての車種を無料にするというのは,現在の日本の交通事情からも,二酸化炭素の増加する点からも,あまりにも乱暴な政策ではないかと思います。

まずは、営業で使う=仕事で使うなど本当に必要な車種から無料化するというのが筋でしょう。
大型トラックが高速運賃を節約するために一般国道を走る事で、国道付近の住民は騒音被害に悩まされたり,交通事故の影響をもろに受けたりしていますから。
かく言う私が住む場所の国道も大型トラックの騒音被害はひどいものです。また、大型が一回事故を起こせばカルク2時間前後全面通行止めです。

いわゆるレジャーで使用する時は、たとえ1000円にしろ、それなりの対価を払うのが当然だと思います。こちらは、あくまで遊びなのですから。
  • 2009-09-17 20:52
  • タラン
  • URL
  • 編集

[C58] Re: 政権交代の真の価値

名無しのごんべいさん、こんにちは

>鳩山政権がどっちに転がろうが、われわれにとって好ましいと思います。

ぼくもそう思います。結果がすべてですよね。ただ、問題点があるとすれば、悪い方に転がったときに、今の日本が、それを許容できるだけの力があるかどうかだと思います。

現金を十万円もっているときに、競馬で一万円をするのは、「痛い」けど致命傷ではない。でも、一万円しか持っていない時に、一万円をすったら……。帰りの電車賃もなくなってしまいますね。

そこが、とても心配です。
  • 2009-09-18 14:10
  • いくらおにぎり
  • URL
  • 編集

[C60] Re: タイトルなし

タランさん、ども。

ご賛同いただいて、うれしいです。タランさんのコメントにすべて言い表されているので、僕としては追加すべき言葉は何もないです。そうそう、それが言いたかったんですよ。
  • 2009-09-18 14:34
  • いくらおにぎり
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。