Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/420-4cc2f6f3

トラックバック

コメント

[C202] 別館をみて

いくらおにぎりさん はじめまして。映画のブログからこちらにやってきました。映画の感想すばらしいですね。すっかりはまってしまって、ほぼ全部読む勢いで読んでいます。文章がとってもおもしろくて読みだしたら止まらなくなってしまいました。それにしても古い日本映画大好きなのですが、昔も今も玉石混合。とんでも映画から素晴らしい映画ほんとにいろりろあったんだな、と感慨深いです。また再開していただければとてもうれしいです。
  • 2014-10-12 23:11
  • ぱたぱたまま
  • URL
  • 編集

[C203] Re: 別館をみて

ぱたぱたままさん、はじめまして。こんにちは。

放置状態のいくらおにぎりブログをご覧いただいて、ありがとうございます。
いやあ、再開したいのはヤマヤマなんですけどね。自分でも、たまには書きたいなと思ってはいるのです。
でも、バイクとかゲームとかお散歩とか、世の中には誘惑が多くて。

でも、できれば再開したいとは本当に思っているので、気長にお待ちいただければ。ぺこっ。
  • 2014-10-13 10:00
  • いくらおにぎり
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

週末日記 10/4-10/5

土曜日
もともと日曜にバイクの12か月点検・マフラー交換を予定していたのですが、日曜は一日雨という予報を知り、急きょ点検を今日受けることに。とは言っても、それは自分の思っているだけのことなので、YSPの開店を待って、電話で予約変更のお願いをしました。

入庫車が多いので仕上がりは夕方になるとのことですが、OKを貰えたので、いそいそとSRに乗ってYSPに出かけます。イケメンメカニックのNさんにバイクを預け、代車(チャリ)のパスに乗って帰宅。ちなみにパスは新型に変わっており、ボタン一つで残量パーセント、残り可能走行距離、速度が切り替え表示できるようになっていました。いいな。

帰宅後、奥さんとお散歩。でも、天気もちょっと雲が多めだし、スタート時間も遅くなってしまったので、近場で済ますことにします。ということで、定番の吉祥寺までのお散歩です。

吉祥寺では奥さんのお散歩靴を物色。僕も奥さんも純日本人的な幅広足なので、メーカーによっては3Eの靴ですらつま先がきつかったりするから、靴選びもたいへんです。とはいえ、2軒目のお店で気に入った靴を見つけたらしく、いそいそと購入です。

じゃあお昼ご飯でも、と思ったら、なんだか天気があやしくなってきました。むくむくと黒雲が広がってきたので、これはマズイとバスで帰ることに。歩数的には半端だけど、まあ仕方ありません。

とはいえ、どうにか天気は持ち続け、今にも降りだしそうな状態をキープしています。となると、早くバイクの点検が終わって欲しいところですが、なかなか連絡がきません。ヤキモキして待っていると、5時ごろようやく点検とパーツ交換終わりましたの連絡が。猛ダッシュでチャリをこいでYSPに行きSRとご対面。点検はともかく、新しくなったマフラーですよ。MACMRDというところのマフラーにしたのですが、エンジンをかけるとドドドドと低音が響いていい感じ。うひょー。うれしいです。で、本当だった、新しいマフラーで近所を走り回りたいところですが、なにしろいつ降るか分からない状態なので、とっとと家に帰りました。

日曜日
朝から雨。ずっと雨。なんだか体調も悪くて、ちょっとゲームしたり本を読んだりすると、すぐ眠くなってしまいます。なので、ゲーム、うつらうつら、本、うつらうつら、映画、うつらうつら、みたいな感じの一日でした。

ちなみに観た映画は「ブラボー小隊 恐怖の脱出」です。ウォルター・ヒル監督、1981年の作品ですが、これがB級感満載の作品でした。

主役はルイジアナ州軍のブラボー小隊の面々。基地からA地点まで行軍の演習をしてこい、と命令を受け歩き出すのですが、ルイジアナといえば、どこまでも広がる沼地が名物みたいなものらしく、あっという間に迷子になっちゃいます。さあ困った。なにしろ行く手はやたらと沼に阻まれ、どこを歩けばいいのか分かりません。

さらに言うと、正規軍ではなく州軍なので、普段は別の生活を送っている、いわばパートタイム軍人さんなので、能力も規律もありませんから、地図のひとつもまともに読めないくらいなのです。と、困っていると、そこにケイジャンと呼ばれるフランス系地元民の使うカヌーがありました。あ、これ盗めばいいんじゃね。と勝手にカヌーに分乗してミシシッピ川を下りはじめるB小隊のみなさん。

と、川の反対岸からケイジャンさんたちがジト目でカヌー泥棒なB小隊を見ていますよ。するとB小隊の一人がいきなり自動小銃をケイジャンさんたちに乱射し始めました。あわてて隠れるケイジャンさんたちに大笑いするB小隊。そう、B小隊はあくまで演習中なので、銃に実弾は入っておらず、空砲を撃っていたのです。しかしケイジャンさんたちからすれば、カヌーを盗まれ、さらにいきなり撃たれたわけですから、古いボルトアクションライフルで反撃。ずどーん。はい、たった一発でリーダーの少尉だか曹長だかが即死です。

わひゃー。慌ててカヌーから飛び降り、ケイジャンさんたちと反対岸を逃げ惑うB中隊。むう、困ったなあ。と、なんとなくDQN揃いのB中隊なので、ほんとはイケないのに実弾を持ってきているヤツもいたりしたので、少ない実包をみんなで分け合い、ともあれ演習地に帰ることにします。

おや、沼地を歩いているとケイジャンの小屋がありましたよ。そして、そこに一人の片腕ケイジャンが。よし、こいつは少尉だか曹長の仇だし、捕まえて演習地まで連行するぞ。実のところ、その男が本当にさっきのケイジャンさんの仲間か分からないし、いや、むしろ片腕なんで違う気もするけど、B中隊はかなりダメな奴らなので、あんまり気にせずに、その片腕ケイジャンを連れて行くことにしたのです。もちろん、殴りまくったり、片腕ケイジャンの家を爆破するというオプション付きで。

ってな感じでコンパスもないまま、沼地を彷徨っていると、B中隊は一人またひとりとケイジャンのハンターグループに狩られていきます。結局、最後は2人を残してB中隊は壊滅し、片腕ケイジャンに見逃してもらった生き残りの2人は奥地にあるケイジャンの村にたどり着きました。いや、ここは避けた方が良いと思うんですけどね、でもB中隊はDQNですから、なぜかケイジャンバンドの音楽で、ケイジャン娘さんとダンスしたりノンキにしていますよ。しかし、そこにケイジャンのハンターグループがやってきて、刃物と刃物がぶつかり合う接近戦になり……。

ま、そんな映画でした。しかし、この映画のスゴイのは、2点。まず州軍が愚連隊扱い。いや、頭の悪さを加味すると愚連隊以下の存在に描かれているところです。えーと、これルイジアナ州軍は怒らなかったのか。もうひとつは、フランス系住民であるケイジャンを完全にアフリカとかアマゾンの未開部族扱いにしているところ。だって日本で言ったら、アイヌのひとたちを未開部族扱いにするようなもんだよ。これはどうみてもギルティでしょ。

とはいえ、グダグダなこの映画、雨の日曜日に観ていると、なんだか不思議な気分になってくるのがうれしい誤算でした。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/420-4cc2f6f3

トラックバック

コメント

[C202] 別館をみて

いくらおにぎりさん はじめまして。映画のブログからこちらにやってきました。映画の感想すばらしいですね。すっかりはまってしまって、ほぼ全部読む勢いで読んでいます。文章がとってもおもしろくて読みだしたら止まらなくなってしまいました。それにしても古い日本映画大好きなのですが、昔も今も玉石混合。とんでも映画から素晴らしい映画ほんとにいろりろあったんだな、と感慨深いです。また再開していただければとてもうれしいです。
  • 2014-10-12 23:11
  • ぱたぱたまま
  • URL
  • 編集

[C203] Re: 別館をみて

ぱたぱたままさん、はじめまして。こんにちは。

放置状態のいくらおにぎりブログをご覧いただいて、ありがとうございます。
いやあ、再開したいのはヤマヤマなんですけどね。自分でも、たまには書きたいなと思ってはいるのです。
でも、バイクとかゲームとかお散歩とか、世の中には誘惑が多くて。

でも、できれば再開したいとは本当に思っているので、気長にお待ちいただければ。ぺこっ。
  • 2014-10-13 10:00
  • いくらおにぎり
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。