Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/4-d2cdb128

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

これが最後の作品だとしたら、悲しすぎる

池広一夫監督の「化粧」を観たけど、これがタコだった。
冒頭は、まるで「細雪」みたいな展開。松坂慶子に、池上季実子と和由布子。そして京マチ子が和服姿でどどーんと登場ですからね。もっとも、京マチ子はお母さんでしたけど。

話はというと、不倫がどうしたこうしたみたいな中途半端なもの。どうにも感情移入できないまま終わっちゃいましたよ。

文芸エロな渡辺淳一原作というところに一抹の不安を感じつつも、(今のところ)池広監督の最後の作品になるので、期待をしていたんですけどねえ。見事に裏目が出た感じです。

強いてみどころを挙げるとすると……。えーと、なかった。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/4-d2cdb128

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。