Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/393-3605e0e6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

GW日記 4/30-5/6

水曜日

ゴールデンウイークは行動的に過ごそうと思ったのに、天気悪し。
でも、娘にゲームのセーブデータをコピーしたUSBメモリを預けてしまったので、アドバンスド大戦略をプレイすることもできません。

ぬおー。どうすれば。

ということで、眠っていた任天堂Wiiを復活させ、ゼノブレイドをプレイしはじめました。
いや、実は事前に天気が悪そうだったので、ゼノブレイドを買っておいたのだ。

でも、おっさんになって反射神経が鈍ったので、こういうゲームはつらいかも。マイト&マジックみたいなターン制の戦闘がいいなあ。

木曜日

天気の予報は微妙。散歩にはいいけど、ツーリングだとどうかな?といった感じ。
なので、夫婦お散歩をすることにしました。目的地は小江戸・川越。

曇天の中、本川越駅に降り立ち、まずは駅近くの熊野神社へ。
IMG_1244川越熊野.JPG

なんか足踏み健康ロードがあったり、各種ご利益を強調する境内社があったり、さらにはアニメの絵馬があったりと、ごちゃまぜ感がハンパない神社でした。面白いな。

さて、せっかく川越に来たんだから、川越らしいところにも行かなくては。西武鉄道ではやたらと「時の鐘と蔵の街」川越をアピールしているので、そこらへんもね。

えーと、なんか蔵っぽいの。すごくトップヘビーな感じで、危険さにドキドキしてきます。
IMG_1251川越町並み.JPG

実は、江戸っぽいのより、こういった建築が好き。川越の商工会議所。
IMG_1247川越商工会議所.JPG

時の鐘……は、写真を撮ったら、全部逆光で真っ暗。なんか悪魔の塔みたいになっちゃったので、鐘楼の真下にある薬師神社の写真。
IMG_1253時の鐘稲荷.JPG

ここらへんで、時の鐘パワーか、曇天から晴天へ。頭がじりじりと直射日光でやられます。うう、水が欲しい。あ、自販機があった。
IMG_1255水自販機.JPG


見事に「水」のみの自販機です。価格もすべて100円。6種類の「水」から、どれかを選べと言われても、ちょっと困ります。どれにしよう。

こういう時って、結局はCMで見慣れたものにしてしまうんですよね。とりあえず南アルプスの天然水にしちゃいました。

さて、そこからウォーターボーイズで有名な川越高校の横を通り過ぎていくと、うっそうとした小山が。なんか面白いので登ってみると、お社がありました。御嶽神社だそうです。社殿と鳥居の角度がずれていて、妙にざわざわした気持ちに。
IMG_1256山の上の神社1.JPG

その横にはお稲荷さんもありました。
IMG_1258山の上の神社3.JPG

IMG_1257山の上の神社2.JPG


さて、この小山は昔は富士見櫓と言って、川越城の一部だったそうです。そして、同じ川越城の天神曲輪に位置していたのが三芳野神社。
IMG_1259三芳野神社.JPG

ちなみに歌の「とおりゃんせ」にある「天神さまの 細道じゃ」は、この神社の参道だとか。でも、特に観光客とかがいるわけでもなく、静かなちょっと寂しい神社でした。

さて、次は三芳野神社の本務社でもある川越氷川神社へ。
IMG_1263氷川神社.JPG

こちらは結婚式場も附設しているような大きな神社でした。境内社に護国神社もあったので、お参りをしておきました。

川越は神社もりだくさんなので、まだまだ行きます。浮島稲荷神社を通過し、どんどん南下するとあるのが日枝神社。なんと官幣大社だった赤坂の日枝神社は、こちらの神社の分祀だそうです。
IMG_1265日枝神社.JPG

とはいえ、境内はこんな感じ。いかにも、ご近所の人だけが訪れる小さな神社といった佇まいでした。ちなみに、寄合でもあったんでしょうか。ちょうどおじさんたち4~5人が境内に止めていた自転車で帰るところで、ひとりのおじさんが、「かあーーっ、ぺっ」と豪快に唾を吐いていましたよ。なんか威厳もへったくれもなくて、夫婦で唖然としたあと、クスクスと笑っちゃいましたよ。

日枝神社の近くというか、すぐお隣は喜多院。天台座主だった慈覚大師が建立し、あの天海僧正も住職をしていたという、川越でいちばんメジャーな観光スポット。

ではあるのですが、前回の川越訪問で見ているので、今回はそこに隣接している仙波東照宮に行きます。もちろん東照宮なので、徳川家康を祀っている神社です。あと、ウソかホントか、こちらは歌の「あんたがたどこさ」の舞台だとか。

入口は立派だけど。
IMG_1267仙波東照宮1.JPG

門扉が閉ざされ拝殿には行けず。
IMG_1268仙波東照宮2.JPG


さすがにもう神社でお腹いっぱい。とはいえ、仙波東照宮の御朱印をもらうためには、本務社である川越八幡宮に行かなければなりません。強烈な陽射しに、微妙に熱中症っぽくなってますが、頑張ります。

はい。やってきました川越八幡宮。
IMG_1269川越八幡1.JPG

なんか、最初の熊野神社にも似た、ご利益のデパート感が漂います。
IMG_1270川越八幡2.JPG

実はこの横には縁結びの銀杏かなんかがあって、お金を入れると、音楽が流れたりするようなシステムもあるみたいです。奥さんが御朱印をいただいている間、見るともなく見ると、30代前半と思われる女性とそのお母さんが、お金を投入しては、すごく真剣に銀杏を撫でまくっていました。その風情に鬼気迫るものがあって、思わず目をそらしたんですが。

ってことで、頭もガンガンしてきたので、バファリンを飲んで帰ることにしました。うう、頭イタイ。

金曜日

晴れたーっ!ようやく文句なく晴れました。よし、これでツーリングに行けます。貴重な「平日」のツーリングなので、目的地はダムです。それも平日でないとダムカードがもらえないダムに行きます。それも一か所ではもったいないので、二か所まわります。

まず向かうのは今市ダム。例幣使街道の杉並木を抜けつつ日光市内に入り、さらに山の中をぐいぐい北上していくと、猿が目の前を横切ったりして、なかなか野趣あふれるロケーション。そんな中、やがてたどり着くのが、どどーん、はい今市ダムです。
IMG_1277今市ダム2.JPG

ちなみに、このブログを書くためにWikiを見たら、写真がソックリ。もちろんパクリじゃありませんからね。たぶん、誰でも同じアングルになっちゃうんでしょう。

ちなみにダム湖もキレイです。こちらはSRと共にパチリ。
IMG_1275今市ダム1.JPG

ちなみに、この今市ダムは発電用のダムで、栗山ダムとワンセットで、上池の栗山ダムから下池の今市ダムに水を送る形で発電しているもよう。となれば、栗山ダムにも行きたいところですが、この二つのダム、道がつながっていません。直線距離だと2キロないくらいだけど、山をぐるっと回らなければいけないので、4~50キロくらいは迂回しなくちゃならない。高速道路を使わずにツーリングしているので、ちょっと今回はパスしておきました。

さて、ダムカードをもらうには、平日限定で、東京電力の鬼怒川制御所という所に行かなくてはなりません。なので、いったん南下するかたちで、山を降り、ふたたび鬼怒川沿いに北上していくというメンドくささ。いやいや、物をいただくのにメンドくさいとか言ってはいけません。鬼怒川沿いにある日光江戸村や東部ワールドスクエアなんていう観光スポットに目をくれず、ひたすら走り、鬼怒川制御所到着。無事、ダムカードを2枚いただきました。

2枚?そう、ダムカードをお願いすると、自動的に栗山ダムの分もいただけちゃうのです。でも、行ってもいないダムのダムカードを持っているのも、なんかズルしたみたいなのでイヤなので、近々栗山ダムにも行かないといけないな。今度は高速道路を使うことも考えよ。

さて、ダムカードもゲットしたので、帰ります。しかし帰り道を工夫するとダムカードがゲットできるのだ。

それは東武日光線に沿うように南下するルート。すると渡良瀬遊水地に行くことができます。そう、ここでもダムカードはもらえるのです。それも道の駅で。
IMG_1278渡良瀬.JPG


道の駅きたかわべでダムカードをもらい、また南下。7~8キロ南下すると、今度は権現堂調節地が。こちらは埼玉県管理なので、やはり平日限定でダムカードがもらえます。

ちなみに、権現堂調節地。
IMG_1279権現堂1.JPG

ん?少しズームな権現堂調節地。
IMG_1280権現堂2.JPG

ぐぐっとズームな権現堂調節地、です。
IMG_1281権現堂3.JPG

鳥だあ。

はい、これで目的は果たした。あとは帰る。再びバイクに乗り延々と走ります。途中、地元の美味しい中華料理屋さんで肉そばを食べて帰宅すると、時刻は夕方4時。朝6時に家を出て、食事・休憩は1時間も取っていないので、9時間以上バイクに乗りっぱなし。下道のみで走行距離335キロは、さすがにヘロヘロです。うう、やっぱ高速使うべきかなあ。でもお金がなあ。

土曜日(憲法記念日)

近所の公園にテントを持っていき、家族3人で読書したりゲームしたり。お弁当はおにぎりとたまご焼き、唐揚げでした。あと屋台のケバブも。

ちなみにゲームをしていたのは奥さんと娘で、僕は読書。鈴木則文監督の「東映ゲリラ戦記」をほぼ読み終わりました。

日曜日(みどりの日)

今日もツーリング。目的は、去年の11月に行った広河原逆川林道を再訪すること。そして、国道140号の旧道、秩父往還部分を走ることです。さあ、レッツゴー。

快調に走ります。飯能を抜け、名栗街道(県道70号)で有間ダムを目指します。
と、いきなりサイン会開催。

お巡りさんが旗を振って、サイン会にご招待してきました。場所はフォーミュランドRaを過ぎ、青梅への分岐を越えて1キロくらいのところ。消防団などがあるあたりです。

お巡りさんが言うには、サイン会に参加すると青切符を12000円で売ってくれるとか。あと2ポイントもゲットできるみたいです。22キロオーバーとか言ってましたが、なんのことやら。

ともあれ、国家権力に逆らうと命が危ないし、消防すら警察の軍門に下ったとなると、一般市民に対抗する術はありません。おとなしくサイン会の青チケットを買うしかないじゃありませんか。でも、あれだけ広く快適なワインディングで、制限40キロとかなめてんのか。

ちなみに「入れ食い」とはこのことか、と思うくらい続々と善良なドライバー、ライダーたちがサイン会に強制ご招待されており、サイン待ちの行列ができる状態でした。

いや、国家を守る公安・警備だとか、犯罪を取り締まる刑事はともあれ、交通は。なんかなあ。

すっかり気分もへこみつつ、有間ダムを抜け、広河原逆川林道に。狭く荒れた道を登っていきます。ああ、癒される。交通警察への怒りも山の中に溶けていくようです。

どんどん高度を稼ぎ、約1000メートルの有間峠に。

と、あれ?なんかゲートが閉まってるよ。通行止めとか書いてある。ツウコウドメって、なんですか。

ちなみに家に帰って「広河原逆川林道」でググってみると、埼玉県のホームページにありましたよ。

※ 広河原逆川線は、飯能市側の有間峠まで開通しています。
   有間峠から秩父市側(秩父農林振興センター管理)は、斜面崩落のため通行止めとなっています。


あうあう。「峠まで」開通してくれたのね。ありがとう。でも、「峠まで」開通してくれても、ちょっと困る。

計画では秩父市の浦山ダムまで抜けるはずでしたが、すごすごと戻ることに。仕方なく正丸峠から国道299号に入ったのですが、

ずらーっ。

ずらずらーっ。

おお、国道が自動車で埋め尽くされている。そう、ゴールデンウイークの時期は、芝桜を見るために観光客が殺到し、秩父までの道、そして秩父中心部はエライことになるのです。それを見越した上での峠越えだったんですが、それも果たせず。そして、この大渋滞。いったいどうすんの。

はい、バイクなので、横をすいーっとね。ちなみに追い越しじゃなくて、追い抜きということで。安全距離もあったということで。

ま、バイクの機動力を生かしても、とうぜん「安全」じゃない状況では追い抜きもできないので、うんざりした状態で、どうにか秩父中心部を脱出。道の駅あらかわで、行者にんにくを買ったりしつつ、国道140号の旧道、それも上と呼ばれる旧道の旧道に。
IMG_1283国道140旧道1.JPG

確かにおにぎりマークに140って書いてある。

でも、これで国道とは。
IMG_1288国道140旧道3.JPG

一歩間違えればまっさかさま。
IMG_1287国道140旧道2.JPG

そんなこんなで、ぐるぐる走り、家に帰ると走行距離は249キロ。うん、これくらいだと、あまり疲れないな。

月曜日(こどもの日)

朝から雨。でも娘からセーブデータの入ったUSBメモリを返してもらったので、アドバンスド大戦略を猿のようにプレイしました。

火曜日(振替休日)

朝から曇天。でも娘からセーブデータの入ったUSBメモリを返してもらったので、アドバンスド大戦略をモンキーのようにプレイしました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/393-3605e0e6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。