Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/303-7312fb90

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

週末日記 2/16-2/17

土曜日
今日の長距離お散歩は代々木スタート。
20130216_代々木.jpg

代々木といえば「あの」巨大神社が近くにありますが(原宿の方が近いけど……)、まずは奥さんが見つけた小さな神社へゴー。

それは平田篤胤を祀る平田神社。平田篤胤と言っても、「誰ですか?」かもしれませんが、島崎藤村の「夜明け前」を読むと、この平田篤胤についてたっぷり学べます。要は江戸後期の国学者で、神道を現代(当時)に復活させた思想家なんですけどね。もっとも藤村の「夜明け前」は、かなり読みにくい本。僕も学生時代で暇も根気もあったから読めたけど、今はお金をもらっても読めないな。それくらい退屈な本です。

おっと平田篤胤についてはともかく、この平田神社さんは、かなり特殊な建築。虎の門の金毘羅さんのようにビルに挟まれているのもスゴイけど、こちらはハイテクな感じで建物と一体化しているのがオシャレです。
20130216_平田神社.jpg

平田神社の後は、参宮橋の方から明治神宮へ。初詣ランキング1位は伊達じゃなく。神域も巨大です。特に、この参宮橋から入ると、本殿までの距離が遠いこと、遠いこと。ほとんどハイキング状態です。普段は人もいないし。
20130216_明治神宮参道.jpg

明治神宮では結婚式をするのか終えたのか、花嫁花婿さんを2組ほど目撃。いやあ、幸せそうですねえ。あと外人観光客もいっぱい。それも白人さんはもちろん中国語も飛び交ってます。そこらへん、中国人的にはどうなんだろ。靖国はダメで明治神宮はOKというのも不思議な気もするし。
20130216_明治神宮.jpg

さて、明治神宮のお参りを終えて、北参道口から外に出ます。と、そこにあったのが神社本庁の建物。これがどう見ても、アヤシゲな秘密基地にしか見えません。ぜったい悪のロボットとかが収納されてるよな、みたいな雰囲気が漂ってますよ。
20130216_神社本庁.jpg

ロボットはともあれ、神宮外苑方向に歩いていくと、わりとゴチャゴチャっとした住宅街の中にポツンとあるのが鳩森八幡神社。
20130216_鳩森神社.jpg

道路を挟んでお隣に将棋会館があるせいか、将棋堂とかいう建物があったり、大山康晴名人の手蹟になる碑があったりします。しかし、この神社でどどーんと目立つのは何と言っても富士塚。富士塚というと、富士山を模した築山みたいなものですが、ここのは傾斜度というか難易度が半端ありません。真面目に手すりにつかまって慎重に登らないと、転げ落ちそうです。その分、登りきると、なんだか爽快な気分に。とりあえずヤッホーとか言いたくなります。
20130216_鳩森富士.jpg

ちなみに鳩森八幡神社では梅が咲き始めていました。もう少しで春ですね。
20130216_鳩森神社の梅.jpg

鳩森八幡への参拝を終え、次は千駄ヶ谷で線路を越え、大京町方向へ。なんか創価学会の施設ばっかりな地帯を通り過ぎ、左門町、そして須賀町へ。ここで須賀神社にも立ち寄ったのですが、えーと、須賀神社お休み。神社にお休みってのもヘンですが、お賽銭箱とかあるところが閉まってて、どうすりゃいいいんだろ状態。なんとなく、困りつつ、まあまた来ればいいかと、思ったりもします。ということで、今日の神社めぐりは、これでオシマイ。というか、とにかく突風を通り越して烈風が吹きすさび、お散歩気分になれません。早々に逃げ帰りたい気分です。

新宿通りに出て御苑の影をチラチラ見つつ、新宿3丁目方向に歩きます。途中、紀伊国屋で雑誌の「FACTA」を購入。原則として会員制の雑誌なので、どこの本屋さんにも置いてあるわけではないのが難点。今読んでる「選択」も面白いんだけど、ライバル誌のコッチはどんなものなんだろうか、という興味もあったので、

日曜日
お勉強の一日。来週、試験があるので、お尻に火が付きました。問題集は買ったものの、まだ手つかず状態。テキスト自体は読んだけど、実際に手を動かさないと話になりません。かりかり。かりかり。うわあ分からん。テキスト読んだだけで分かった気になってたのが甘かった。どうしよう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/303-7312fb90

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。