Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/29-ad43da0a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

続々真珠夫人

タイヘンです、奥さん。
成金が死んじゃいましたよ。

あ、「真珠夫人」のことなんですけどね。

えーと、瑠璃子と結婚できることになった成金の勝平は得意満面。
瑠璃子の恋人直也が飛び込んできて、ピストルをぶっ放したりしましたが、弾は勝平の娘美奈子を傷つけただけで、勝平は無事です。

しかし、意気揚々と結婚式を挙げた勝平ですが、瑠璃子の手練手管で、いつまでもお預けをくらって、かなりショボーンです。というのも、瑠璃子は勝平の息子で、頭が弱い勝彦をてなずけて、寝室の番をさせているのです。

仕方ない。瑠璃子を連れて葉山の別荘に行く勝平。ここなら、勝彦の邪魔も入らないもんね。ゲヘヘ。いただきまーす。と、思ったら、バカの勝彦がはるばるやってきて、勝平を襲ったじゃありませんか。格闘のすえ、心臓麻痺を起こす勝平。さすがに気がとがめた瑠璃子が、口移しで水を飲ませてやったりしましたが、手当ての甲斐なく、勝平は勝彦と美奈子のことを瑠璃子に頼んで死んでいったのです。

戦は終わった。不意に突然に意外に、敵は今彼女の眼前に、何の力もなく何の意地もなく土塊の如くに横たわっている。

勝ったものの、心が痛む瑠璃子。なにしろ悪魔だと思っていた勝平は、意外にも、自分を殺した勝彦を許し、そして、明らかに敵である自分に、子供たちの行く末を頼んで死んでいったのですから。っていうか、勝平は天使で、自分が悪魔な気分。

その上に、もっと悪いことには、名ばかりの妻として、擅(ほしいまま)にした物質上の栄華が、いつの間にか、彼女の心に魅力を持ち始めていた。
つまり、気づいたら叶姉妹(姉)になってしまったと。これはキツイですね。

黒髪皓歯清麗真珠の如く、艶容人魚の如き瑠璃子は、その聡明なる機知と、その奔放自由なる所作とをもって、彼女を見、彼女に近づくものを、果たして何物に化せしめるであろうか。(*皓歯の「こう」は、原作では白に交。)

「あろうか」と言われても困るんですけど、多分ビッチ化するんですよね。さあ、続きはどうなる!?

とりあえず300ページまで終わりました。続きは、もしかしたら書きます。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/29-ad43da0a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。