Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/275-3ec4cbe8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

週末日記 10/13-10/14

土曜日
今日の夫婦お散歩は、新座にある平林寺に行くことにしました。とりあえず電車で武蔵野線の新座駅まで。駅のすぐ横を通る川越街道を700メートルほど歩くと、見えてくるのが野火止用水です。別名「伊豆殿堀」とも呼ばれる、この用水は智慧伊豆こと松平信綱と深い関係があります。なーんて、紀行文みたいだな。

ともあれ、ちょろちょろと流れる用水沿いの小道をまーっすぐ1キロ近く歩きます。右手には畑が広がりますが、左手はずっとこんもりした雑木林。実はこれが、ぜんぶ平林寺の敷地なんですね。

野火止用水1

野火止用水2


大門通りと呼ばれるメインの車道を使わず、ぐるっとまわりこむように平林寺の総門に。拝観料500円ナリを払って中に入れていただきます。すると森閑とした雰囲気が。そもそもここは有名な紅葉スポットなんですが、逆に今の時期だと誰もいません。広い敷地を歩いても、すれ違った人は5人に満たないほどでした。

平林寺1

建物は特に目を引くものではありませんが、ここの目玉というと、まずは松平伊豆守信綱の墓所。あとは島原の乱の供養塔や、増田長盛のお墓なんてのもあったりしました。ちなみに、松平伊豆守信綱さまの墓所で、娘が頭良くなりますようにとお祈りをしたのはヒミツです。

平林寺2

ひととおり拝観を済ませると、てくてく散歩の再開。新座駅にはもどらず、どんどん南下して西武線のひばりヶ丘駅に行こうという計画。もちろん、田舎の道はよく分からんのでナブユー(NV-U37)の徒歩ナビ機能だけが頼りです。実際、ぐねぐねと曲がった農道は地図と参照しても、いまいち分からないし、そもそも山手線内と違いランドマークが極端に少ないので、ナビがなかったら迷子確実でした。

謎道
(困った道。横断歩道を向こうから渡ろうとすると、手前側から来たクルマとお互いに立往生する)

ひばりヶ丘に着くと、ジャンパースカートを来た女子中学生らしき集団が歩いています。奥さんがすかさず「桜蔭だ」と一言。そういえば、桜蔭はひばりヶ丘にグラウンドがあるし、確かに「Oin」と書かれたサブバッグを持ってる。おお、これが女子トップ校の才女たちか。そういえば賢そうな顔をしています。うーん、智慧伊豆にお祈りするより、この子たちにお祈りをした方がご利益があるのか?

日曜日
今日は近所の巨大公園に、家族3人でテントを持っていきます。そして、その中で本を読んだりお弁当を食べたりとまったりと過ごします。そう、その予定でした。なにしろ暑いほどだった昨日の晴天っぷり、まさか翌日が、どんより曇り空のうえ、この寒さになるとは予想しなかった。これでテントを開いても、「楽しそう」というより「可哀そう」になるのは見え見え。ということで、出鼻をくじかれた3人は、家でゴロゴロすることに。まあ昨日の段階でおにぎり用の大辛シャケの切り身などは買ってあるので、おにぎりは大量に握ってもらいました。あとは、ピクニック気分で、おにぎりをつまみ食いしまくるだけ。ひょいパクしつつゲームをする。ぬぬ、これはこれでちょっと楽しいぞ。ということで、先日までやっていた「鋼鉄の咆哮3」を切り上げ、「大戦略 大東亜興亡史2」にスイッチ。なんか昔のゲームを延々とやり直しているなあ。

あと観た映画は2本。一本は森田芳光の「黒い家」。大竹しのぶの怪演で有名なこの作品ですが、てっきり「乳揉めぇーーっ」だと記憶していたのに、観なおしてみたら、「乳しゃぶれぇーーっ」だった。いや、たいして変わりはないんですけど。もう一本は大映東京の「献身」。叶順子をヒロインに、浮気かつ傲慢な男(川崎敬三)と、誠実な男(宇津井健)の間で揺れる女心を描いているんだけど、それにしてはヘンな映画。もともと白飛び気味の画面なんだけど、それを越えるイキオイの白メーク。それも叶順子だけじゃなく川崎敬三まで。さらに、みなさんのセリフがやけに直訳調なのも気になるところ。「はい、これはペンです。あれはボブのえんぴつです」みたいな。新藤兼人の脚本なんだけど、何があったんだ。ともあれ、いつもの大映東京調なんだけど、なにかが違う。微妙にズレた感じがホラーっぽくて、クラクラしました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/275-3ec4cbe8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。