Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/271-c367cce9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

週末日記 9/22-9/23

土曜日
日常、判で押したような生活を営むのをモットーにしています。ということで、本来、今日は長距離お散歩の日。しかし今日はクルマの納車なのでお散歩ができないのだ。ついでにいうと、木曜日にテレビがぶっ壊れ、今日(時間不肖)修理にきてくれる予定なので、うかつに出かけることもできないという。

クルマの方は、納車が午後1時。歩いて20分弱な近所のディーラーだけど、時間に余裕を持たないと気が済まない性格なので、11時半から12時半が昼食時間、出かける(こころづもり)が12時半ということにします。

予定通り家を出て、ディーラーの近所まで来ると、ゆっくり歩いたり、なんとなく佇んだりして時間調整。ほら、あまり早く着いても迷惑だろうし、4分前くらいに着くのが美しいと判断してみました。

ディーラーに着くと、予想通り入口で担当の営業さんが待っています。早速、必要書類にハンコ押したりしたあと、悪夢の納車ルームへ。そう、ここのディーラーには、専用の納車ルームがあって、あれこれセレモニーがあるらしい。ネットで、そんなことを読んで、まさかと思っていたが、本当でした。

ガチャ。ドアが開くと、そこはこじゃれた結婚式会場みたいな、学校の教室ほどの大きさな部屋。そして、面白いのは、入って右手には、透明のおおきなシャッターがついていて、ガレージにもなっている点。入ってきたドアの反対側は、真正面は一面ガラス張りで、ディーラーの営業さんたち10人ほどがズラリとならんでいます。ここらへんでスッカリ度肝を抜かれて、順番が前後するかもしれませんが、その後の展開はこんな感じでした。

「いくらおにぎりさま、このたびはご納車おめでとうございます」。
結婚披露宴で流れてそうな音楽をバックに、キレイなお姉さんが花束を持ってニコヤカに近づいてきます。そこに営業さんたちも「ご納車おめでとうございます」と唱和。

ドギマギしていると、担当の営業さんが、うやうやしく目の前のこんもりした物体にかぶされていた布に手をかけましたよ。
「いくらおにぎりさま、こちらがお車でございます」。
ふぁさっ。モーターショーのお披露目のように白布を取ると、そこには自分の車が。
担当営業さんの「おめでとうございます」に、またも一同「おめでとうございます」の合唱。うわっ、なんかクラクラしてきた。

唖然としていると、さらにリボンをかけられた小箱がでてきましたよ。

「こちらがキーでございます」。衆人環視の、ほとんど拷問のような恥ずかしさの中で、リボンをしゅるしゅるっと解いて、キーを取り出します。ああ、良かった、鍵が金色とかじゃなくて。

とりあえず、ここでセレモニーは終わったらしく、「いったん、失礼させていただきます」と営業さんたちが消えていき、あとは担当営業さんから、実務的にクルマの使い方のレクチャーを受けることに。とりあえず、電子装置満載のクルマなので、使いこなせるのはいつのことやらって感じですが、なにはともあれ「オーナーズデスク」さえ使えればどうにかなりそうな雰囲気です。よく分かりませんが、(ほとんど触ることのない)自分の携帯電話がたまたまブルートゥースに対応していて、クルマとリンクさせると、なんか「オーナーズデスク」が使えたりするらしいのです。早速、担当営業さんに携帯電話を渡して、モソモソと操作をすることをしばし、

「はい、これでオペレータサービスがご使用になれます。早速、ステアリングのスイッチでコールしてみていただけますか」

あうあう。ひごろ携帯電話をカバンの奥底にしまいこみ、「発信」は月に1~2回。「着信」にいたっては、数か月に1回の自分が、何を話せと。っていうか仕事の電話は別として、私用の電話は緊張してオシッコがしたくなるんですけど。

「ファーストコールと言っていただければ大丈夫ですよ」(というか、言え。早く言え) 無言の営業さんからのプレッシャーを感じつつ、ハンドルのスイッチをポチ。

その後、無様なほどドギマギしつつ、オペレーターのお姉さんをお話をしましたが、とてもパニクったのは言うまでもありません。でも、このハンドルポチをすれば、ナビの目的地の設定とかを電話回線越しクルマに流し込んでくれるそうです。とても便利ですね。でも、自分は駐車中に黙々と自分で設定するのが性に合っていますが。

ま、そんなこんなで説明も終わり、透明なシャッターがゴロンゴロンと上がり、出発の時間。額縁煎りの納車の記念写真とかを渡され、営業さんたちが勢揃いで見守るなか、クルマを動かします。実に4年ぶりくらいなんですけど運転するの。

「ありがとうございましたあ」。みなさんの声をバックに、幹線道路に出てアクセルをそっと踏みます。いや、そっと踏んだつもりだったんです。しかし、ちょっとだけ強かったのかもしれません。

ぐおーーーー。いきなり2GR-FSEの318馬力がうなり、すんごい加速が。お、オシッコ、ちょっとちびった。

ちなみに買ったのはレクサスのIS350というクルマ。もちろん新車じゃなくて中古です。ただ、レクサスの認定中古車(CPO)だったので、上記のようなセレモニーがあったということで。さすがだなと思ったのは、黙っていてもバッテリーとかの交換はもちろん、ナビの地図も最新版に「勝手に」更新してくれること。さらに「普通に」ガソリンは満タンで納車というのも親切だと思いました。はじめてトヨタのクルマを買ったんですけど、そうか、これがトヨタ流のサービスなのかあ。ちなみにバージョンLというグレードで、走行距離は1万9千キロ。お値段は諸費用コミで260万でした。

さて、微妙にアゲアゲな気分で家に帰り、家人とそこらへんをグルグルと回ってみます。ふむ、やっぱりアクセルをグイっと踏むとスンゴイ加速。昔、乗っていたレガシィB4‐RSKのツインターボエンジンも280馬力で速かったけど、速さの種類が違います。レガシィがごくわずかなタイムラグのあと二次曲線的にスピードが上がっていくとすると、IS350の場合は、間髪入れずに一次直線的にスピードが上がっていく感じ。これは、よっぽど気を引き締めていかないとスピード違反をしてしまいそうです。

ま、クルマ購入の浮かれ気分もここまで。テレビが木曜に壊れて、とても困っています。今日、修理に来るというけど、果たしてその場で直るんだろうか。壊れたのはパナソニックのプラズマ(TH-P50VT3)で、購入したのは去年の9月17日。そして壊れたのが、今年の9月20日。えーと、ギリギリ3日ほど保証期間が過ぎてますよ。さすがパナソニック。ソニータイマーより正確に壊れるとは、技術力高すぎです。

ま、それはともあれ、朝の電話で、夕方5時半ごろ修理に来てもらえることに。家族一同、ドキドキしながら待ちます。もっとも、自分と娘は、いざ技術者さんが来たら、別室に隠れるんですけどね。しかし、遅れるという連絡が。修理が目白押しで、さらにアチコチで苦戦して時間が押しているもよう。結局、来ていただいたのが8時で、修理完了が9時という悲しい結末になりました。修理を見ていた奥さんによると、修理じたいはマザーボードみたいなのを交換するだけで、あっという間だったけど、パネルの脱着にとにかく時間がかかったそうです。あ、どうかなあと思った修理代は、請求されなかったそうです。えーと万歳パナソニック。ありがとうパナソニック。これがサムスンだったら、どうなっていたか。

日曜日
朝から土砂降り。軽い雨だったらクルマにでも乗ろうかと思っていたけど、それを躊躇するレベル。気温も急降下で、季節が2か月ほど進んだ気温だったそうです。どうりで涼しいを通り越して寒いはず。結局、振り止まぬ雨に、今日は家にこもることを決心。たまったビデオを観たり、たまった雑誌を読んだり、アホみたいに分厚いクルマの説明書を読んだりの一日にしました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/271-c367cce9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。