Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/265-af149d14

トラックバック

コメント

[C163] こんな本も

いくらおにぎりさん、こんばんは。

愛宕神社は、私もうつで最初に休職した時よく行きました。通っていた病院が虎ノ門にあったので。
も一つは、愛宕神社の女性の神主さんが書いた『「ジンジャの娘」頑張る!ー美人神主の愛宕山だより』(原書房 2004)がとてもよかったので。ずいぶんと励まされた本です。よろしかったらぜひ!

http://www.amazon.co.jp/「ジンジャの娘」頑張る-―美人神主の愛宕山だより-松岡-里枝/dp/4562037504
  • 2012-09-03 21:30
  • タラン
  • URL
  • 編集

[C164] Re: こんな本も

タランさん、ども。

なんかスゴイ場所にある病院に通ってたんですね。タランさんの東京別荘からは、けっこう遠いような。

ご紹介いただいた本、地元の市立図書館には収蔵されていなかったのですが、練馬区立図書館にありました。さっそく予約をかけたので、早ければ来週には読めると思います。
  • 2012-09-04 09:16
  • いくらおにぎり
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

週末日記 9/1-9/2

土曜日
微妙な天気の中、恒例のお散歩に出かけます。とりあえずは山手線で新橋まで。新橋と言うと鉄道唱歌の「汽笛一声新橋を はや我汽車は離れたり 愛宕の山に入り残る 月を旅路の友として」が思い浮かびますが、歌にもあるように、駅前にはSLが置いてありましたよ。なんだか唐突過ぎて、「ありがたさ」より「コレジャナイ」感の方が強いですが。

ともあれ、漠然と芝方面に向かって歩きます。でも、新橋と言えば飲み屋街。そして、飲み屋街の朝というと……そう、前夜の名残のゴミがとんでもなく色んなスメルを醸し出しちゃってます。まあ、端的に言うと、臭くてとても歩いていられません。そうそうに日比谷通りに退避して、しばし歩き芝郵便局のところで、右に曲がると、はい、慈恵医大がありました。このあいだ、日本医科大の前を通ったから、今度は慈恵ってことでしょうか。あ、土曜日散歩は、大ざっぱなルートを奥さんが設定して、跡は出たとこ勝負で歩いています。

慈恵を抜けると、目の前の交差点には「愛宕神社前」の表示が。そう、この愛宕神社には有名な出世の石段があるのです。以前、ハトバスで近くを通った時にもバスガイドさんが言ってましたが、とんでもない急な石段を馬で上った曲垣平九郎というお侍さんがいて、将軍家光さんにほめてもらったとか。その後も将軍慶喜の時にひとり、陸軍の人がひとり、あと日テレの企画でひとり、馬での登頂に成功したひとがいたとのことです。

てなことは、まあトリビアとして知ってはいましたが、現実にその急階段(男坂)を目の前にすると、ビビります。おいおい、これを登るのか。実際の角度は分かりませんが、見た感じで言うと45度以上。というか、垂直に限りなく近い感じがします。そして登り始めると、さらに恐怖感が増していきます。これ、クラっときたら、下まで真っ逆さまだよな。

どうにかこうにか登りきり、神社に参拝。愛宕神社のホームページには、ちゃんとお参りの仕方が載ってました。
http://www.atago-jinja.com/howto/
基本的には、このとおりに、あ、鈴は鳴らしてないな。

さすがに、男坂を降りるのは、登りより怖そうなので、神社の横手に抜けようとすると、良いもの発見。NHKの放送博物館なんてものがありましたよ。ちょっと覗いてみることに。あんまり期待しないで入りましたが、これが意外に面白い。さすがNHKらしく、2・26事件の時の「勅命が発せられたのである。既に天皇陛下のご命令が発せられたのである」で始まる、原隊復帰を命じる放送や、太平洋戦争の開戦を告げる、チャイム音の後の「臨時ニュースを申し上げます。臨時ニュースを申し上げます。大本営陸海軍部、十二月八日午前六時発表。帝国陸海軍は今八日未明 西太平洋においてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり」、さらには玉音放送などを、聞くことができました。

ひととおり展示を見て、聞いて、外に出ると唖然。雨が振っとる。それも、思いっきり。そう、今日は早朝から、いきなり土砂降り、晴れる、土砂降り、晴れる、というワケのわかんない天気だったのです。仕方ない、傘を差して、お散歩というより雪中行軍気分で歩きます。「天は我々を見放した」ガクっ。

その後、好天を求めて、微妙に迷走。発明会館から虎の門病院方向に行ったと思えば、今度は総理官邸。TBSを横目にして、赤坂へ。ここで昼食。……。確かに「赤坂で昼食」という言葉にウソはない。ただ、食べたのが松屋の牛丼なだけで。でも、赤坂だから、いちおう「特盛」にしてみたし、生卵もつけました。さらに生野菜まで頼んじゃう赤坂っぷり。

ご飯を食べたあとは、ニューオータニ方向から上智大学の裏手を抜けて四谷駅に。ちょっと距離は足りないけど、天気が不安なので、今日はここでおしまい。家に帰ります。

割と早めの1時半くらいには帰宅。学校帰りの娘を駅に迎えに行ったり、無意味にゴロゴロ転がってみたり、お昼寝をしたりとやりたい放題。そうこうするうちに夕方になり、近所のディーラーに出かけます。いよいよ車を買うのだ。いい加減に決めるのだ。見積もりをもらって帰ります。むむ、どうしよう。

夜、前日の放送を録画してあった高校生クイズを見ました。これは家族で楽しみにしている番組なのだ。酒宴の用意も怠りなく、さらにポッキーまでテーブルに置いてあったりします。これは我が家的には「お正月」に準じる格があるということ。カパカパとウイスキーを飲みつつ、家族でクイズバトル。ここんとこ娘も問題を当てるようになってきたけど、まだまだ負けません。途中、奥さんがキレルという危ない場面もはさみつつ、クイズの夜は更けて行く。

日曜日
やっぱり夜中、早朝と土砂降りになったりして、まったく当てにならない空模様。ひとりお散歩は止めて、ディーラーに行くことにしました。返事は「買う」です。色々と書類にハンコ押したり、名前書いたりの諸手続きを終え、外を見ると、雨が降っとる。それも景気よく。はあ?ゲリラ豪雨だと、こちとら正規軍豪雨だぜ、みたいなイキオイで。昨日は警戒して、自転車かつ折りたたみ傘持参で来たのに、今日はバイクで来ちまったよ。

泣く泣くずぶ濡れになりつつ、家に帰る。くっそお、今日はもう家から一歩も出ない。

PSPで信長の野望をやったり、無意味にゴロゴロ転がってみたり、お昼寝をしたりしていると夕方に。なんかムズムズとしてきます。ぬぬ、外に出ようかな、こんなに気持ちよく晴れてるし。とは言え、いまいち天候が信じられないので、所要時間が短くて済むジョギングをやろうと思い立ちます。「あたしは刺繍がしたいんだ、声をかけるなよ」オーラを全開にしている奥さんには声をかけられず、娘を伴走車に指名。娘の自転車にスポーツドリンクその他を入れて、近所の公園へジョギングを開始です。でも、逸る気持ちに体が追い付かず、早々にバテてしまい、走ったのは4キロほど。あ、帰宅後、10分くらいすると土砂降りになったのは言うまでもありません。まさに車軸を流すような雨とはコレか、って感じのぶっとい雨でした。いやあ、早めにバテて良かった。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/265-af149d14

トラックバック

コメント

[C163] こんな本も

いくらおにぎりさん、こんばんは。

愛宕神社は、私もうつで最初に休職した時よく行きました。通っていた病院が虎ノ門にあったので。
も一つは、愛宕神社の女性の神主さんが書いた『「ジンジャの娘」頑張る!ー美人神主の愛宕山だより』(原書房 2004)がとてもよかったので。ずいぶんと励まされた本です。よろしかったらぜひ!

http://www.amazon.co.jp/「ジンジャの娘」頑張る-―美人神主の愛宕山だより-松岡-里枝/dp/4562037504
  • 2012-09-03 21:30
  • タラン
  • URL
  • 編集

[C164] Re: こんな本も

タランさん、ども。

なんかスゴイ場所にある病院に通ってたんですね。タランさんの東京別荘からは、けっこう遠いような。

ご紹介いただいた本、地元の市立図書館には収蔵されていなかったのですが、練馬区立図書館にありました。さっそく予約をかけたので、早ければ来週には読めると思います。
  • 2012-09-04 09:16
  • いくらおにぎり
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。