Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/254-ce05b725

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トゥインゴ断念

水曜日、有給休暇をとって、娘がオープンキャンパスに行くのに付き合いました。娘はまだ中二ですが、大学のオープンキャンパスに行って来い、という夏休みの宿題が出たらしいのです。

で、御茶ノ水駅から近い、某大学に行ったのですが、いやビックリ。なぜって、模擬講義が面白いのなんの。スケールの大きい話から、その先生のやってらっしゃる研究のお話までが、違和感なくシームレスにつながっていて、自分みたいな素人でもよく分かる。本当に優れた先生は、ムズカシイことを平易な言葉に落とし込んで、なおかつクオリティを下げないんだなあ、と感動しました。

と、それはともあれ、帰宅後、トゥインゴを見にルノーディーラーにゴー。実際は、お金を持って(前日に50万ほど、手付用に下ろしといた)、ハンコを持ってと、買う気満々です。しかし、結論としては、トゥインゴは買いませんでした。それはなぜか。

対応してくれたのは、先日の若い営業さんではなく、店長さんだったのですが、この方がとにかく否定から入るタイプだったからです。

まずは、走行距離も少ないし、程度も良さそうなのに安いので、そこらへんを聞こうと、
「このクルマ、事故車とかではないですよね」と尋ねます。こちらとしては、「はい」か「いいえ」が聞きたいところです。というか、「いいえ、事故車じゃないですよ」と言って欲しい。

しかし、この方は、「そもそも事故車の定義とは」から始まっちゃうんです。いわく、何かの協会の基準だと、バンパーの交換程度だと事故車にならない。しかるに、ちょっとコスっただけで事故車、事故車と騒ぎ立てる客が多い、とひと嘆き。そして、このクルマは事故車じゃありません、と仰る。この流れだと、普通に考えて、「ああ、このクルマはバンパー交換とかしてるのかな」と思うじゃありませんか。しかし、そのあと、このクルマはルノージャポンの広報車で、乗っていたのも自動車雑誌の人とかなので、出所はハッキリしているし、ヘンな乗り方はされていないと思いますよ、と強調。……、だったら先にそれを言えばいいのに。

同じようなパターンはさらに続き、アイポッドを聴きたいので、ステレオを対応のものに交換できますか?と聞くと、また否定。トゥインゴはステレオが斜めにささっている不思議な形なので、CDがうまく再生されるかどうか、分からないと言うのです。どうしてもと言われればやるが、責任は持てない、と。そして、長々と話を続けるけど、とにかく最後には「責任は持てない」のエンドレスループ。さらには、「どうしてもいい音で聞きたければ、オーディオ専門店に持ち込んでください」とまで。いやね、こっちはアイポッドで音楽を聴きたいの。別にステレオを交換して、わざわざCDなんて聴かないよ。CDの入れ替えがメンドクサイからアイポッド対応のステレオに交換したいんで。

さらに、ナビは付きますかね?と聞くと、これも否定。「付けてるお客さんは、ほとんどいませんね。いまなら、PNDを付ければいいんです」と一蹴です。ちなみに、PNDってのはポータブルのナビのことね。ゴリラとかソニーのナブユーとか。僕もバイクにナブユーをつけてるから、それくらい分かります。というか、PNDだって、立派なナビだよ。さらに話をしていると、別売りのブラケットをかませばナビは付くと言う。なんだ、それ。

おそらく、ここでは、こう答えるべきだったのでは。

「はい、ナビはお使いになれますよ。ただ、国産車によくあるような、2DINサイズのHDDナビなどは難しいでしょうね。でも、いまではPNDと呼ばれるダッシュボードに吸盤で取り付けるタイプのナビも、だいぶ性能が良くなりましたから、いかかですか。HDDナビが20万くらいするところに、こちらのタイプであれば、5万程度で買えて、ことナビの性能に関しては遜色ありませんよ」

おそらく、この店長さんも悪い人ではないと思うのです。できないことを安請け合いして「売れば勝ち」みたいな、悪い営業マンではない。でも、会話において、まず否定から入られると、これは困るのです。とても話しにくい。それにクルマを買うというのは、柳田国男で言うところのハレの行為ですから、顧客の気分を上げていって欲しいのです。アゲてアゲて、気分が盛り上がってきたところで、ハンコをポーンみたいな、ダイナミズムが必要だと思うのです。そうじゃないと、150万のものは買えないよ。

とにかく、ここまで来て、こちらも微妙にムッとしてはいたのですが、年をとって、少しは丸くなりました。なので、怒って帰るとかはせずに、話の方向を微妙に変えることに。

「いやあ、どうも国産車的な考え方をしてたみたいです。そうですよね、そういうアイポッドだナビだのが付けたいなら、国産車を買えばいいんですよね」

すると案の定、店長さんノリノリで、ガイシャの優位性などを語りはじめちゃいます。こちらは、それを聞きながら、立ち去るタイミングを計るのみ。でも、内心では思っていたのです。

「あーあ。買いたかったのになあ」
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/254-ce05b725

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。