Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/237-b1d569fa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

貞操問答 第1回

今日から、不定期連載ということで、菊池寛先生の「貞操問答」を取り上げたいと思います。いままで読んだことないので、もちろんオチとかは知りません。でも、きっと真珠夫人の菊池寛先生なので、かっとばしてくれることと信じています。

「貞操問答」より
「金を売る」

どうやら、この章は主人公の家庭環境と、家族の紹介編のようです。主人公になるのは、3人姉妹の真ん中、新子。新子の家は、お父さんが亡くなり経済的にひっ迫しているのに、お母さん、お姉さん、そして妹までもが、のんきに金を使いまくっている様子。
ただ新子だけが、津田英学塾をやめてまで、生活の立て直しに必死になっているようですが……。

まず菊池寛先生によって描写されるのが、妹の美和子。

あまり成育しない前に、熟れてしまった果物のような、小柄な、身体全体が、ピチピチした――深々とした眼、小さい鼻、小さい唇の、生々とした新子の妹、美和子である。

その胸に、大きな乳鋲のように正確な半球が二つ、見事に盛り上っていた。

なんか描写というか視線がオヤジ臭い感じがします。女子高生でも見ている雰囲気がビンビン伝わってきますよ。ちなみに美和子はストッキングを買うからお金ちょうだいと新子の部屋に飛び込んできたのでした。

次に菊池寛先生に描写されるのは、長女の圭子です。こちらは、新子が泣く泣く津田塾をやめたというのに、いまだに金銭感覚がルーズなまま、女子大に通っている勉強好きな女性。今も新子に丸善の高額な請求書を渡して平然としています。

スラリとした長身、ふくよかな感じはなかったが、清純な仇っぽさが あって

圭子は、姉妹の中で一番美しいかもしれなかった。とにかく、完璧な美人タイプに列し得られる。

だそうです。もっとも、お姉さんによると、佐山さんが新子を評して、こう言っていたそうですけど。

「貴女には、聖母のような清らかさと、娼婦のようなエロがあるんだって! 恋愛でもしたら、男殺しという役だって!」

エロって。男殺しって。ぷぷぷ。菊池先生、なんだそりゃ。ちなみに佐山さんが誰なのかは、今のところいっさい書かれていません。たぶん、エロいことばっかり考えている人なんでしょう。

ともあれ、エロな新子は、浪費癖のやまない家族に業を煮やし、働きに出ることを決心します。

「お母様。私、すぐ働くようになるかもしれないのよ。お母さまも知っているでしょう。前川さんて、私のお友達があるでしょう。この間、他所でお会いしたときに、私働きたいって、お話ししたら、ちょうどあの方のお兄さんが、家庭教師を探しているんですって、日曜だったら兄もきっと家にいるから、一度会いにいらっしゃいって、おっしゃって下さったのよ。今日これから、伺ってみて、私に勤まりそうだったら、おねがいしてみるつもりよ。」


早速、麹町元園町の前川邸に出かける新子。お友達の前川路子さんによると、家庭教師をしてもらいたいのは、お兄様の長男で小5の男の子。そして長女で小3の女の子だそうです。

しかし、なんか含むところがあるようすの路子さん。

「二人とも、貴女がてこずるような子じゃないけれど、問題は姉よ。」
「貴女、私の義姉とお会いになったことないかしら。」
「私、貴女なら辛抱して下さると思うけれど、……」

うわーっ、どんな姉なんだあ。ちなみに兄は、こんな人だそうです。

「兄は、とてもいい兄ですの。温良で、物分りがよくって、品行方正で……自分の肉親の兄をほめるのはおかしいけれど……」

路子さん、もしかしてブラザーコンプレックスか?
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/237-b1d569fa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。