Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/210-3605bc7e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

新藤監督、大往生

新藤兼人監督が亡くなった。100歳だそうだから、寿命もいいところなんだけど、森繁さんと同じで、いつまでも生きてそうな雰囲気があったので、ビックリしている。

でも盟友の乙羽信子さんもあの世で首を長くして待っていたろうし、老衰という死に方もあいまって、まさに大往生と言えそうだ。

新藤監督の仕事のひとつに、「ある映画監督の生涯 溝口健二の記録」がある。

溝口健二にかかわった映画人たちに、新藤監督がインタビューしていく作品だけど、田中絹代、山田五十鈴、若尾文子といった名花たちはもちろん、永田雅一やら増村保造といった人たちの動く姿が見られる点でも貴重な映画だ。

と、ここで考える。果たして「ある映画監督の生涯 新藤兼人の記録」といったものは作られるのだろうか。うーん、ムリだろうな。「最近」の新藤監督を語れるひとはいても、「昔」のことを語れるひとは、みな鬼籍に入ってしまった。

なにしろ長生きしすぎると、そういう問題も起こる。

↑今日のテーマ。ちょっと大人っぽい文章。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/210-3605bc7e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。