Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/207-6ef76bfd

トラックバック

コメント

[C160]

ありがとう・・・。
  • 2012-05-25 23:05
  • M
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

友人に

今の職場に移って半年が過ぎようとしています。振り返ると、あっという間のようでもあり、まだ半年しか経たないのかと、山の中腹ではるか高みの頂上を思うような絶望的な気分にもなります。

要は、毎日、楽しくない職場生活を送っているということです。ちなみにうちの職場は、6月と12月に定期異動があるので、今回の6月異動をきっかけに、なにかしら担当業務が変わったり、都バスの運転手席な座席配置が変わるかなと思ったら、それはなし。

事務所に新しい人は何人か来るし、そのうちの一人は、僕と同じ仕事をすることになりますが、あいかわらず僕だけが離れ小島(というかセガの反省部屋)に追いやられている状態です。

まあ、それでクサらないはずもなく、仕事は仕事としてやっていますが、モチベーションが上がるわけもない。とにかく9時から5時まで(象徴的な意味で)をロボットのように淡々と働いて、家に帰る。翌朝には、重い気持ちで再び仕事に行く。そんな生活です。

それでも、どうにかやっていけるのは、とにもかくにも家庭が円満だから。家に帰れば家人が待っているし、そこではロボットではなく人間に戻れるからです。そして週末、家人と過ごす時間は何より貴重な時間です。

と、なんで、こんなことをいきなり書いたかというと、友人が同じように鬱々と苦しんでいるから。そして、その友人には、僕のような家庭という逃げ道が用意されていないのです。

さぞ苦しいと思います。マタイ福音書にあるように「その日の苦労は、その日だけで十分である」(一般的には「一日の苦労は一日にて足れり」で知られてますね)という事が、家庭のある僕には実感も実践もできますが、彼にとっては、一日の苦労は解消されずに、次の日の苦労の足元を固める土台になっているのでしょう。

鬱。鬱々。鬱々々。これが累積されたら、これはたまらないですね。そう考えると、自分の環境はなんてヌルいんだと思います。そして、詳細は書きませんが、有意義な仕事の最前線で戦っている友人に敬服します。

いや、ホント、君は十分に頑張ってるから。これ以上は頑張らなくてもいいから。ちょっと休むことを恐れて、倒れてしまったら、それこそ馬鹿らしいよ。ちょっと休むことを恥じて、辞めてしまったら、もっともっと馬鹿らしいよ。

頑張るな、M。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/207-6ef76bfd

トラックバック

コメント

[C160]

ありがとう・・・。
  • 2012-05-25 23:05
  • M
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。