Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/193-fcf6cbac

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

訃報に接し

吉本隆明が亡くなったそうです。
まさに"巨星堕つ"といった感じですね。

学生時代に角川文庫で出ていた「共同幻想論」「言語にとって美とはなにか」「心的現象論序説」とかを読んで、衝撃を受けたことを今でもはっきり覚えています。なんていうか、西洋の借り物じゃない言葉で、世界を読み解ける人がいるんだっていう驚き。もっとブッチャケちゃうと、日本人なのにマネじゃなくて、自分の思想で世界を定義しちゃえるスーパーマンだと思ったのです。

まあ世代的には、僕らの時代は浅田彰のニューアカブームまっ盛りな感じで、吉本隆明とか埴谷雄高を喜んで読んでいる自分なんかは、ちょっとズレていたんですけど。うーん、例えて言えばパンツインみたいな。

もっとも、僕が吉本隆明を知った'80年代中期は、すでにリアルタイムに発信される吉本隆明の言葉は、「なんじゃそら?」な感じでしたし、娘が小説で賞を取ったりしたあとは、単なる親バカになり、さらに'00年代以降はボケ老人的な発言も増えていったりして、非常に悔しい思いをしました。

なにしろ、初めて見つけた「日本人の世界的思想家」が、見つけたとたんダメになっていくんですから。

でも逆に言うと、亡くなったこれからが、本当の評価が定まる時なんだろうと思います。とりあえず'60年代'70年代の知の巨人ということで。

吉本隆明、恐ろしい子



謹んで、ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/193-fcf6cbac

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。