Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/159-e36ec177

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

今、原発について考えていること

今、原発について考えていることについて、ごく簡単に。

最初に短期、中期、長期に分けてみる。短期っていうのは、ここ2~3年くらいのスパン。中期はそれ以降~12年くらい。そして長期はそれより先のお話ということで。

まず短期。これは、いきなり原発をやめるのはムリだろうなと。もちろん新規建設は凍結する。さらに定期点検に入った炉を再稼働しない。などなどの方策はありえるけど、現に稼働している炉を、全部スクラムしろとかは、ちょっとムチャクチャ。

そして中期。これについては難しい。さすがに今までの「想定」に応じた安全基準でもって原発を稼働させつづけるというのは現実的ではない。そうすると、巨大防潮堤を作ってみたり、テロ対策で自衛隊の一個連隊を張り付けてみたりと、安全に対するコストが、青天井に跳ね上がることが「想定」されることに。じゃあ、火力に比べて10倍のコストがかかる原子力発電が必要なのか、と聞かれると、正直「いらんよ、そんなもん」。

最後は長期。じゃあ中期的に原発を捨てたとしても、核融合炉などの研究・開発自体は続けていかないとアカン。スパコンの事業仕分けじゃないけれど、2番でいいやと思っているところからは、何も生まれないし。将来的に商業核融合炉が実用化する可能性だってゼロじゃない。というか、ゼロだと思った瞬間に、その可能性はゼロになる。だから起電用の核分裂炉も一基くらいは、ガッチガチのコスト度外視した安全基準でもって運用する必要もあるかもしれない。

ともあれ、「夢のエネルギー」だった(核分裂型の)原子力発電が地に堕ちたのは間違いない。少なくとも日本では、もう二度と夢になることはないだろう。だけど、それをもって科学の発展を拒否するのも間違っている。お願いだから呪術的な世界に戻ろうとしないで欲しい。いざとなれば、電気のないエコ生活を送ればいいだなんて、考え方はやめなきゃダメだ。それはエコじゃなくて、単にエドなだけだから。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/159-e36ec177

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。