Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/148-ccc0581e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

計画停電とか

計画停電がありました。昨日の夜の6時40分から2時間くらい。いちおう予定は6時20分からだったのですが、6時半を過ぎても電気が来ているので、中止だろうと判断してお風呂に入っている時でした。体自体はスゴイ勢いで洗い終わっており、お風呂に浸かっている時だったので、まあ問題はありません。

晩御飯はろうそくと懐中電灯の灯りの中で食べました。地震のあと、ごはんを土鍋で炊くことにしたので、停電中でも料理をすることが可能です。それに、正直いって電気炊飯ジャーのごはんより、ガスと土鍋で作ったごはんの方がおいしいです。

ちょっとつらいのは暖房機器が止まって寒かったこと。ホットカーペットは無論のコトですが、ガスファンヒーターも電気が止まるとただの箱です。こういう時には、昔ながらの石油ストーブがあれば良かったのにと思いました。ファンヒーターと違って、天板部分でことこと煮物だって作れますしね。

懐中電灯は単4形の電池が3本必要なLEDのものです。いちおう、地震前にエネループの単4を4本買ってあったので、電気が来ている時に充電しておけば、まったく問題なし。とはいえ、どうせなら、あと2本あれば、ローテーションが組めて効率的なんですけどね。

そんな風に思ってアマゾンで検索してみたら、単4形4本パックが、出品者より4500円からで提供されていました。参考価格が1280円なのにですよ。ビックリです。たぶん、こういう人というか業者はシメシメと思っているんでしょうね。儲けるチャンスだと。

まあ転売屋というのは、そんなもんでしょう。いまさら怒っても仕方ありません。ただ、アマゾンのサイトで業者名は確認して覚えておきました。普通の時期に、間違って、こんな業者から買い物はしたくないですから。

そうそう。買占めと言えば、ガソリンがまったく手に入りません。東京では、開店前のガソリンスタンドに行列した車の引き起こす渋滞が、普通に見られる光景になってしまいました。おそらく供給じたいはされているんでしょうが、みんながわれ先にと殺到するので、あっという間に売り切れてしまうみたいです。

とはいえ、カップヌードルみたいなものとは違って、ガソリンの場合、車のガソリンタンクの容量以上には買いだめできませんから、騒ぎはいっときのもの。4~5日で落ち着くだろう。そんな風に考え「みっともないマネはしないでおこう」と悠長に構えていたら、いよいよガソリンが心配な状況になってきました。とりあえずCBのタンクやNSRのタンクにわずかなガソリンは入っているので、いざとなれば、それをカブに移して使うつもりです。カブならリッター50キロですからね。

でも、ここで問題が。ガソリンを移すには、ポンプが必要です。しかし、ガソリンタンクの形状から、普通の灯油ポンプみたいなものだと、うまくガソリンを吸い上げることができません。そのため、両端が蛇腹状になった給油ポンプを注文したのですが、注文した翌日に「在庫ないのでキャンセルします」メールが。別のところに頼んでみても、納期は4月以降でした。

仕方ありません。無いものは無い。駄々をこねても無意味です。それに、まちがいなく、CBやNSRにはガソリンが(少しだけど)入ってます。それをどうにかカブに移せばいいだけです。モノがなければ知恵を使えばいいのです。さすがに平日はムリですけど、土日にじっくりその方法を考えてみます。

もちろん自転車通勤も考慮しています。寒いのが苦手だし、風邪気味なので、ちょっとツライところですが、東北の人の苦労を考えれば文句は言えません。それに夏場のような「スポーツ(速度)通勤」じゃなくて、時間をかけた「ユックリ(速度)通勤」なら、体への負担も少ないだろうし。

とにかくできることを淡々とやっていこうと思います。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/148-ccc0581e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。