Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/138-1f956486

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

第一弾入試終わる。

昨日、うちの娘が入試を受けてきました。埼玉の西武文理中学校です。寒風がびゅうびゅう吹きすさぶ、なんていうか、アンマリな天気ではありましたが、頑張ってきたようです。

……。

で、済めばいいんですけどね。試験直後、お母さんの携帯を借りて電話をしてきた娘。「算数ができなかったあ」。ぼくの遺伝か、普段から電話嫌いな娘なのに、わざわざ電話をしてきて愚痴ってます。娘によると時間配分に失敗して、後半の方の問題にまるまる手を付けられなかったとのことです。

それで、電話をしてきたワケが分かりました。慰めて欲しいんだね、娘よ。でも父は、電話がキライだ。なので、長電話は断る。ガチャリ。とっとと電話を切った僕ですが、とりあえず慰める気持ちがないわけではありません。いいえ、十二分にあるので、直接慰めようと、帰り道の途中まで迎えに行くのでした。

それにしても、今回の入試を皮切りに、娘のこれからの人生、なんどとなく「選抜」されつづけていくんですよね。もちろん努力が正当に反映される戦いもあれば、いったいどんなルールで動いているのか、いやそもそもルールが存在しているのかどうかすら分からない戦いもあるでしょう。しんどいことです。本当にしんどいと思います。

特に娘も含め、これからの日本を生きる若い人たちのことを想うと、焦りに似た気持ちを感じます。なんかしなくちゃ。なにができる。自分になにができる。

でも、平凡なサラリーマン。それもかなりダメな部類の僕には、できることがありません。思いつきません。なので、せめてできることは、選挙だけです。老人、そしてこれからの老人予備軍な僕たち。そんな既得権益を持った集団だけにいい顔をするような人には投票しないこと。利益ばかりを口にする人には投票しないこと。そして、なにより、これからの日本をせめて50年単位で考えてくれる優秀な人を選び出すこと。やれるとしても、これだけです。若い世代のひと、本当にごめんなさい。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/138-1f956486

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。