Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/136-28534fef

トラックバック

コメント

[C219] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C220] Re: タイトルなし

人魚スイムとはなんぞや、と思いつつ、ずいぶん水泳をしていないなと気づく今日この頃。
よく分からないのですが、運動はいい。うん。

  • 2016-08-30 10:53
  • いくらおにぎり
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「人魚伝説」(池田敏春)

映画「人魚伝説」(池田敏春)を観たわけです。

いやあ、なんていうか、絶句。個人的には、「幻の湖」と「0課の女 赤い手錠」を足して2で割ったくらいの怪作だと思いますよ。

お話はこんな感じ。

江藤潤と白戸真理は、漁師と海女な、ラブラブ夫婦。ところが、原発誘致を巡るイザコザで江藤潤は謀殺され、白戸真理はヌレギヌを着せられ逃亡生活に。

江藤潤の親友だった清水健太郎の手引きで、「女だけの」島に隠れ潜んだ白戸真理ですが、心に浮かぶのは亡きダンナのことばかり。
あんた。いったい、あんたを殺したのはダレなんやあ。教えてえなあ。

と、そんなある日、清水健太郎に思いっきりヤラれちゃった白戸真理は、寝物語に、ダンナを殺した犯人を知ります。なんと、清水健太郎の父で、土地の有力者でもある土建屋社長が、原発がらみの口封じでダンナを殺したというじゃありませんか。さらに、好都合なことに、今度、その社長が電力会社のエライさんたちと、「女だけの」島に宴会に来るそうですよ。これは、またとないチャンス。なんとしても、ダンナ殺しの証拠を見つけてやるわ。

しかし、社長の懐刀に接触したところ、ヤラれちゃう白戸真理。なんと、清水健太郎が裏切っており、その正体はバレバレだったのです。もちろん、ただヤラれてるわけもなく、白戸真理は必死に反撃。血まみれ、スプラッターの果てに、懐刀を殺すことに成功しました。おっと、島民が騒いでるわ。逃げなきゃ。ドボン。

故郷に戻って、土建屋社長をたたき殺した白戸真理は、そのままホームレス生活に。しかし、なんかイラっとくるなあ。ダンナを殺したのは、ホントにあの社長なのかしら。どうも、ゲンパツが絡んでるような気がしてならないんだけど。本当の黒幕はほかにいるんじゃないかしら。

ということで、電力会社主催の原子力発電所起工式パーティに乗り込んだ白戸真理は、清水健太郎をはじめ、手当たり次第に出席者を殺戮するのです。


なんで、そうなるの?という展開が目白押しで、息つく暇もありません。まず、清水健太郎、そして懐刀のヤクザに白戸真理がヤラれちゃうシーン。……ちょっとやりすぎです。いくらロマンポルノを撮っていたからといって、ボカシが入りまくるような激しいカラミを入れちゃうのは、いかがなものかと。いきなりこれじゃ、ドン引きもいいとこです。

そして、その懐刀ヤクザを白戸真理が殺すシーンの凄惨なこと。もう、ここぞとばかりに血しぶきドピューです。これまた、かなりドン引きするハメに。

しかし、最後のパーティ突入のシークエンス。これは最高です。ちょっと類を見ない迫力というか、バカさ加減で圧倒してますよ。

海岸でホームレスをしていた白戸真理は、お手製の殺人モリを手にパーティに乗り込みます。サクっと清水健太郎を血祭りにあげ、警備の警官2名も刺殺。さあ、「本当の」パーティの始まりだ。ひゃっはあ。

すごいイキオイで走り出した白戸真理は、次から次へとモリを繰り出します。ぐさっ。ぷしゅー。いや、ホントにぷしゅーって効果音なんですよ。たぶん、懐刀ヤクザとか清水健太郎の分は血のりを用意できたんだけど、これからの分までは予算的に血のりが用意できなかったんじゃないかと思います。なので、ぷしゅーな効果音。ほら、音だけならタダですからね。

返り血で、ものすごい顔になった白戸真理は言います。「ゲンパツいうんはどこや。ウチん人ころしたゲンパツいうんは、どこにおるんやあ(怒)ぐさっ→ぷしゅー」。ええと、これは。もしかして白戸真理は、ダンナを殺したのは「原子力発電所」じゃなくて「源八」っていう漁師かなんかと勘違いしてるんじゃないでしょうか。それというのも、敵ボスに「やめんか。なんのキチガイ沙汰だ」と言われると、「どうせキチガイやああああ」とか絶叫してますしね。

ともあれ、そのキチガイな白戸真理は、悪い人間も、単なる招待客も、いっしょくたに刺して、刺して、刺しまくります。その数、およそ20名以上。うがあ、ぐさっ、ぷしゅー。

いかん、観てるうちに、なんだかユカイな気分になってきちゃいました。しかし、楽しいパーティも、もう終わり。向こうから、パトカーが大量にやってきましたよ。「何人ころしても、次から次に、もっと悪いヤツが出てきよって終わらへん。アンタ、アンタころしたん、ほんま誰や?」とつぶやく白戸真理。しかし襲撃前にお祈りしておいたお地蔵さん(トホホ)のパワーがさく裂です。ごごおおおお。いきなり暴風雨が起こりましたよ。盾を構えた機動隊員のみなさんが、「うわあ」とか言いながらヨロヨロしています。どう見てもタイシタ風じゃないのに、ほとんどドリフかよ、みたいなノリでひっくり返ってます。

そして、カットが変わるとキレイサッパリ、機動隊員たちは跡形もありません。殺人モリを捨てた白戸真理は、ニヤリと笑うと、そのまま海に飛び込むのです。

全裸でアワビ採りをしている白戸真理のイメージショットで、ウヤムヤなまま、映画はおしまい。


とにかく、過剰な映画でした。何もかもやりすぎ。「過ぎたるは及ばざるがごとし」なんてことわざもありますが、『「及ばざる」ちゅうことは、もっとヤレばいいんやな。そりゃあ!』みたいに、どんどん行っちゃった結果、なんだかスゴイものが誕生しちゃったみたいです。

アマゾンで見たら中古DVDしかなくて、さらにプレミアがついているみたいなので、買う必要まではないかと思いますが、もし機会があればぜひご覧ください。え、僕ですか。仕方ありません。泣く泣く、中古DVDをプレミア価格でゲットしておきましたよ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/136-28534fef

トラックバック

コメント

[C219] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C220] Re: タイトルなし

人魚スイムとはなんぞや、と思いつつ、ずいぶん水泳をしていないなと気づく今日この頃。
よく分からないのですが、運動はいい。うん。

  • 2016-08-30 10:53
  • いくらおにぎり
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。