Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/11-154083b8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「明日への遺言」の感想をちょろっと

小泉堯史監督の「明日への遺言」を観たんですけど、そこはかとない違和感が。

東海軍の司令官だった岡田中将(藤田まこと)が、B級戦犯として裁かれるお話で、かたやB29の乗組員を虐殺した罪を糾弾するアメリカ側。
かたや、無差別爆撃こそが犯罪であり、その犯罪者である乗組員を軍律によって裁いたと主張する岡田中将。

その対立を軸に、人間ドラマを展開する映画なわけですが、これが実に丁寧に撮られています。無差別爆撃は悪だ、という論点にブレはありませんが、どちらかの主張に肩入れをするわけでもなく、実に公平に、双方の主張を描いているのは、さすが小泉監督だと言わざるをえません。

もちろん、藤田まこと演ずる岡田中将は魅力的な人物で、彼の弁護をするアメリカ人弁護士も、弁護士の鑑のような人物。相手方の検事も情があり、裁判官も公明正大。なんていうか、出てくる人が、全て「いい人」なんですよ。

でも、だからこそ、思うんです。みんな「いい人」なのに、どうして岡田中将は絞首刑にならなきゃならないの。別に東京裁判は、勝者が敗者を裁くインチキ裁判だとか、パール判事はこう言った式の反論をするつもりはありません。

しかし、全てがキレイで、そして静謐な、この映画はどこかオカシイ。このテーマを選んで、どこにも毒や怨念がないのは、なにかヘンです。どこかにトゲがあって、そこに引っかかって、引っかかって、血が出てくるまで引っかかる。それが本当なんじゃないでしょうか。

別に左でも右でもいいんです。自虐的に日本の戦争犯罪を糾弾する映画でもいい。アメリカを始めとする西欧諸国の偽善を徹底的に糾弾する映画でもいい。ただ、そこには「熱」があって欲しい。そこにこそ、映画の醍醐味があると思うんです。

小泉監督の映画はどれも傑作ぞろいだと思います。僕は好きです。だからこそ、いわゆる「静かな感動を呼ぶ」なんて世界に逃げないで欲しいと思います。そんな映画を撮るのは、ヨボヨボのおじいちゃんにでもなってからでも遅くないのに、と思いました。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/11-154083b8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。