Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/103-cca8aeee

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

東京原発を観て、考えたりしたこと

数年前にも観たのですが、「東京原発(山川元監督)」を観直してみました。
いえ、ちょうど、「都庁爆破」という本を読み直していたので、なんとなく都庁つながりで。

うーん。つくづく惜しい映画です。ストーリーとしては、こんな感じ。
(以下ネタバレします)



都知事が局長たちを集めて、いきなり東京に原発を誘致する計画をぶちあげます。ビックリする局長たちですが、よく聞いてみると、財政的にとてもオイシイ話だし、危険もなさそう。
しかし、そこにやってきた東大教授に話を聞くと、うわっ原発が安全だなんて、大嘘じゃん。局長そして観客に原発の恐ろしさが徐々に理解されたころ、実は都知事が東京都民から「脱原発」を促進させるための大芝居だったことに気づき……。

で、ここからがダメ。いきなり核ジャックした少年の乗ったトレーラーが都庁にやってきて、イカニモな緊迫感を盛り上げつつ、ドカン。って、なんだよコレ。



この映画はとにかく「反原発」の映画なので、原子力安全委員会の職員はアホかつ無責任。その上、そのアホ職員が落とした携帯電話を「偶然」拾った少年が、「たまたま」爆薬を自作するテロ少年で、「さらに間の悪いことに」MOX燃料を運搬するトレーラーの運転手が道に迷ってウロウロしていたために、核ジャックに成功しちゃいます。

ええと、これだけ敵(原発推進派)に不利な条件を突きつければ、アホでも勝てますよね。でも、それって面白いのかなあ。例えば、座頭市が対決するラスボスがとにかくアホで、さらに偶然、足を捻挫していて、そのうえいきなり皆既日食であたりは真っ暗みたいな条件での勝負だったら、映画として成立しますか。そんなもん観たくないです。

この映画、都知事が原発バラ色計画をぶちあげて、それを東大教授がいちいち論破していくまでは、とても面白いです。でも、本当はここからがヘンな核ジャックの話ではなく、より切れ者の、それこそ「ハーバード首席」くらいの原発推進派を登場させるべきだったんじゃないでしょうか。そこで、丁々発止のやり取りが続くと。結果、東大教授は論破されてしまったかに思えるけど、最後の最後、何かスルドイ意見で、一気に逆転。まあ、これが王道ストーリーじゃないかと思うんですがね。

あと、都知事に反抗して、原発反対派の東大教授を呼んでくる副知事が、広島出身っていう設定も、かなり反則。そこで感情論に走ってしまったら、せっかくの「理論的」説明すら、リアリティが無くなってしまいます。やっぱり原発と原爆は切り分けて考えないとね。

ところで、ここで自分の立場を明確にしておくと、僕は「原発反対派」ではありません。とはいえ、「原発推進派」ともちょっと違う。言ってみれば「脱原発派」です。現在ある原発の存在は認めつつ、もし波力発電などが現実的な選択肢として出てくれば、徐々に原発を廃炉にしていけばいいと思っています。なにしろ原発事故が起きたらタイヘンなことになるのは間違いなさそうですから。それが天文学的に低い確率であっても、危険は回避すべきでしょう。

例えば、僕はジャンボ宝くじを毎回9千円ずつ買うことにしています。当選金が3億円のジャンボだけなので、年に3回、計2万7千円かな。まあ、人によって違うと思いますが、僕にとって、この2万7千円という投資は、夢を買うお金としては妥当なものだと思っています。

ところがどうでしょう。もし逆の宝くじがあったとしたら。これは毎回9千円、年に2万7千円もらえる宝くじです。ただし、もし当たりが出たら。そう3億円の負債を負うことになるのです。どうでしょう、手を出しますか。少なくとも僕は手を出しません。確率的にはとても有利で、ほとんどの人は、死ぬまで毎年お金をもらい続けることができるとしても、もし当たったらそこで、一生が終わりですから。それに、そこまでお金に困ってません。じゃあ、もし僕がとても貧乏で、その2万7千円がないと生きていけないような状況だったら。うーん、それは賭けてみるかもしれませんね。背に腹は代えられない。危険を承知でお金を貰い、でも、徐々に家計の立て直しを図ります。そして、余裕ができるごとに、毎回もらうお金を3千円ずつ減らし、最後には「逆宝くじ」の購入をやめると思います。

僕の言う「脱原発」とは、そういうことです。

ちなみに、最近、PCゲームの「シビライゼーション4」に再びハマっているのですが、文明が進んで発電所を作ることになった場合の選択はこうです。まず火力発電所は公害がイヤなので作りません。原発はクリーンだけど、もしものメルトダウンが怖いので、やっぱりパス。その代わり、文明の発展は遅れるけど、七不思議の「三峡ダム」ができるまでは、ひたすら我慢です。もっとも、そのせいで、他の文明に出し抜かれて負ける場合もありますが、まあゲームですからね。負けても死ぬわけでもありません。しかし、現実問題としての、日本の浮沈を考えた場合、これはなかなか難しいと思います。実際に我々の生活がかかってくるし、ただ「ハンターイ」「サンセーイ」では済まない問題だと思います。

ということで結論。子ども手当なんかいらないから、そのお金の半分を、既存の原子力発電の安全性をさらに高める研究に。そして残り半分を新しいエネルギー源の開発に使って欲しいです。そして、そのために自分にできることは、うーん、投票行動なんだろうな。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/103-cca8aeee

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。