Entries

スポンサーサイト

恵子と三郎2 あるいは「樹氷悲歌」

まず、最初にひとこと。この映画「樹氷悲歌」(湯浅憲明監督)には関根恵子のおっぱい、ありました。やったよママン。ということで、関根恵子と篠田三郎の「本格」共演作。その2本目は、この樹氷悲歌です。お話は、こんな感じ。ある日、都会からひとりの男が、山形県の上山市(かみのやまし)にやってきました。サングラスをかけたその男は、いきなり厩舎に行くと、勝手に馬をパカラッ、パカラッ。ま、全身からにじみ出る「いい人」オ...

祝!バリバラ・スペシャル放送決定

先日、ご紹介した「きらっといきる」(教育テレビ)ですが、その中の抱腹絶倒コーナー、バリアフリー・バラエティ(バリバラ)の2時間特別番組が放送されるようです。12月4日(土) 夜の8時くらいから2時間くらいこれは絶対に見逃せませんね。いやあ、どうしよう。予告編を見ただけで、笑いすぎて苦しくなったのに、本編を見たら、笑い死にするかも。あ、いちおう番組ホームページにはこうあります。『障害(しょうがい)を笑(わ...

恵子と三郎1 あるいは「高校生心中 純愛」

いえね、関根恵子と篠田三郎のことなんですけど。このお二人、どちらも大映末期のスターということで、共演作が何本かあるわけです。とはいえ、「高校生ブルース」なんかでは、篠田三郎もちょい役だったし、本格的に共演したのは、以下の3本。「高校生心中 純愛」「樹氷悲歌」「成熟」ということで、今回は「高校生心中 純愛」のお話。監督は「高校生ブルース」とその続編を撮った帯盛廸彦。関根恵子とのコンビも三作目ですから...

映画「湖の琴」

湖の琴(1966 田坂具隆)という映画を観たわけです。いや、すごかった。何が凄いって、これを書いてから「いくらおにぎりブログ」を休止すれば良かったと思ったくらい。それくらいの逸材です、この映画。水上勉の原作で、主演は佐久間良子。お話としては、こんな感じ。余呉湖近辺で琴糸を作っている"さく"(佐久間良子)は、同僚の宇吉さん(中村嘉葎雄)と仲良し。奉公先の主人(千秋実)も親切だし、なんていうか幸せすぎて怖いくらい...

きらっといきる

僕は、基本的に一週間に一回、金曜日の夜だけ、お酒を飲みます。それ以外は、まあ絶無とは言いませんが飲みません。大学生のころ、なかばアル中みたいな感じで飲みまくっていて、肝臓を痛めたので、「好き」だけど「我慢」するようにしています。ともあれ、そんな金曜日の夜。楽しみのお酒を飲みながら見ている番組があります。教育テレビで8時からスタートの、その番組のタイトルは……「きらっといきる」どんな番組かというと、障...

お受験について 14

相性が激ワルだった日能研の模擬試験。今回は結果がよかったようです。4科目の偏差値も大台を超えたし、第一志望校の合格可能性もバッチリです。ということで、土曜日には、その第一志望校の文化祭に、娘と二人で行ってきました。もっとも娘は模試などで何回も来ているので、すっかり「自分の通う学校」を案内するような気分みたいです。ふーむ。なるほどお。これが娘の憧れの学校なのね。あんまり細かく書くと学校がバレるのでア...

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。