Entries

スポンサーサイト

貞操問答 第七回 戯恋馬上行

「戯恋馬上行」。なんかすごいタイトルだな。書き出しはこんな感じ。ここらあたりは、スカンジナビアかどこか、北欧の景色に似ているという、薄白く霧のかかっている草野原で、土地の女の子が撫子をつんでいる。「このへんでお休みになりませんか。」 若さで、はち切れそうな青年紳士が、先へ打たせている同じ馬上の夫人に呼びかける。場所は軽井沢。馬上の夫人というのは、あのタカビーな前川夫人なんですけどね。そして青年紳士...

貞操問答 第6回 不当な謝礼

はい、前川夫人から、家庭教師というより小間使い扱いをされてしまった新子の続きです。「奥さまが、お食事は家族だけでなさりたいとのことで、今晩から貴女は別に差しあげることになりました。」そのように女中さんから、言い渡されガガーン。(その方が、いい。その方が気楽だわ)と、思いながらも、新子はひどく淋しかった。もちろん子供たちも、ステキな家庭教師の新子が食卓に来なくて、寂しそうです。しかし、前川夫人はピシ...

貞操問答 第5回 主人の心

はい、第5回は「主人の心」。いきます。前章は前川夫人不在の軽井沢別荘。新子が、前川準之助氏とダイヤモンドゲームをしているところでしたね。準之助氏、思わせぶりなことを言います。「僕も、妻がいない時の方が、かえって気楽ですよ。」と、何気なくいった。さらに夫婦生活の不毛を訴える準之助氏に、新子困っちゃう。新子は、ひどくのどかな気持でいたのに、準之助氏のこの思いがけない話題で、すっかり気持が乱れた。子供た...

貞操問答 第4回 新子の仕事

えーと、第4回「新子の仕事」。今読み終わりましたけど、たいしたことなかったです。簡単にいうと、新子が軽井沢の前川家別荘に行って、家庭教師の仕事を始めた。子供たちはかわいくて、ハッピー。怖い前川夫人はいなかったのでラッキー……以上です。強いて言えば、主人の前川準之助氏と新子がダイヤモンドゲームをしたとき、二人は、かなり身近く相対した。二人は、お互に子供らしく緊張しながら、駒をうごかしはじめた。とあった...

貞操問答 第3回 姉の愛人

第3回の章タイトルは「姉の愛人」。さて、見てみましょう。家を一足出ると、ストッキングに開いている穴のことなどはすっかり忘れて、美和子がうきうきと、訪ねて行った先は、四谷からはさほど遠くない原宿であった。ということで、新子の妹、美和子のお話みたいですね。下町の華族女学校といわれたほど、校風も生徒も華手(はで)である美和子の女学校に通っている美和子は、原宿に住む金持ちな同級生・珠子のおうちに遊びに行っ...

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。