Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/129-db25d6f0

トラックバック

コメント

[C217]

ドラマの流れとしてはとても良かった。ラストの終わり方が省略し過ぎで心残りだった。疑問もあった。何故死ななければならないのかどうしても解らない。
  • 2016-06-21 08:04
  • sgr toguchi
  • URL
  • 編集

[C218] Re: タイトルなし

sgr toguchiさん、こんにちは。

さすがに6年前に書いた記事なので、記憶があんまり残っていないです。
多分、いろいろ分からない映画だったのかな、と思います。

  • 2016-06-21 09:09
  • いくらおにぎり
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

映画「湖の琴」

湖の琴(1966 田坂具隆)という映画を観たわけです。

いや、すごかった。何が凄いって、これを書いてから「いくらおにぎりブログ」を休止すれば良かったと思ったくらい。それくらいの逸材です、この映画。

水上勉の原作で、主演は佐久間良子。お話としては、こんな感じ。

余呉湖近辺で琴糸を作っている"さく"(佐久間良子)は、同僚の宇吉さん(中村嘉葎雄)と仲良し。奉公先の主人(千秋実)も親切だし、なんていうか幸せすぎて怖いくらいな感じぃ、って言うんですか。でも、醤油がぶ飲みの甲斐もなく、中村嘉葎雄が徴兵で引っ張られてしまい、佐久間良子は中村嘉葎雄を待って暮らすことに。

と、ここに京都から有名な三味線プレイヤーの桐屋紋左衛門(中村鴈治郎)が視察にやってきましたよ。村人の下にもおかぬ歓待を受けた中村鴈治郎は、ふと接待係の顔を見てビックリ。う、うつくしい。この娘を弟子にしちゃおう。ということで、佐久間良子は自分も納得したうえで、中村鴈治郎の内弟子になったわけです。もっとも、中村嘉葎雄が兵隊から帰ってくれば戻って結婚しよう、くらいのカルチャースクール感覚だったみたいですが。

しかし、そううまく行くわけありませんよ。何だかんだで中村鴈治郎とデキちゃった佐久間良子は、中村嘉葎雄に対する罪の意識で自殺してしまうのです。

とまあ、いかにも水上勉らしい、ちょい暗めのストーリーなんですが、どうにも演出がヘンなんです。

1 いきなり鎧武者
中村鴈治郎を案内していた千明実。ここらへんは、賤ヶ岳の古戦場跡で、とかなんとか言っていると、いきなり画面の奥を鎧武者がズダダと走ってます。だけど、なんか落ち武者風というか、大部屋俳優の救済シーンっぽいんです。うわっ、安っ。

2 いきなり即興ライブ
佐久間良子を見て、ガガーンとショックを受けた中村鴈治郎。こ、この清楚な感じは夕顔。い、いやむしろ観音さまかも。ということで、いきなり満座の座敷で、即興ライブですよ。三味線で弾くのは、その名も「夕顔観音」。もちろん、今作った新作です。

3 いきなりダンシング
話が進んで、どうも佐久間良子に対する悶々気分が抑えられなくなってきた中村鴈治郎。いきなり妄想シーンで、佐久間良子演ずる夕顔観音に、三味線を弾きつつ恋のアッピールですよ。ちなみに背景が黄色一色で、鴈治郎の持っている三味線もまっ黄色というファンキーさです。さらに、踊りだす二人。と、ここで鴈治郎がいきなりロボットダンスを踊りだすので、なんていうか目が点に。ちなみに、このダンスシーンと並行して、ピンク色のモヤをバックに、中村鴈治郎が佐久間良子を抱くシーンもあります。

4 カツオ、空を飛ぶ
鴈治郎との過ちを悔いた佐久間良子は、「抱いてください」と中村嘉葎雄に迫ったあげく、いきなり首つり自殺。嘆き悲しむカツオは、だれにも死体を触れさせたくないと、糸箱に死体を入れて、余呉湖を見下ろす崖にやってきました。と、ここで、「あ、俺も死んじゃおうかな。いいよね」みたいなことを言い出しましたよ。なんかイヤあな予感がする。糸箱(でかい木の箱)に琴糸を括り付けるカツオ。斜面にある糸箱は、かろうじて琴糸で落ちずに済んでいる状態です。と、その木箱に乗り込んだカツオは、琴糸をプッチン。当然、木箱はそのまま滑って、ぴよーん、余呉湖にダイブです。沈んでいく木箱を、微妙な特撮でシツコク描くので、ほとんど興ざめもいいとこです。

この映画を観ていたら、あの名作「幻の湖」を思い出しました。琵琶湖と余呉湖は賤ヶ岳を挟んでお隣さんなわけだし、ヤラカシっぷりも含めて、なんだか似ている感じですよ。おそらく、この映画を観る機会は少ないとは思いますが、どこかでチャンスがあったらぜひ、ご覧ください。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuraonigiri.blog54.fc2.com/tb.php/129-db25d6f0

トラックバック

コメント

[C217]

ドラマの流れとしてはとても良かった。ラストの終わり方が省略し過ぎで心残りだった。疑問もあった。何故死ななければならないのかどうしても解らない。
  • 2016-06-21 08:04
  • sgr toguchi
  • URL
  • 編集

[C218] Re: タイトルなし

sgr toguchiさん、こんにちは。

さすがに6年前に書いた記事なので、記憶があんまり残っていないです。
多分、いろいろ分からない映画だったのかな、と思います。

  • 2016-06-21 09:09
  • いくらおにぎり
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

いくらおにぎり

Author:いくらおにぎり
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。